フリー走行1:I.ビニャーレスが地元で初の1番時計発進

Jerez Moto3 FP1 viñales
Friday, 2 May 2014

開幕から好走を見せるランク10位のビニャーレスが地元ヘレスでキャリア初の1番時計発進に成功。マルケス、コーンフィール、リンス、フェナティが続き、2月と3月に当地で開催されたオフィシャルテストで総合1番手に進出したポイントリーダーのミラーは、1.4秒差の12番手だった。

第4戦スペインGPのフリー走行1は2日、ヘレス・サーキットで開催され、ランク10位のイサック・ビニャーレスがトップタイムをマーク。今季初めてセッションを制した。

気温16度。路面温度23度のドライコンディションの中、前戦アルゼンチンGPで7位に進出したビニャーレスは、3度のコースインで17ラップを周回すると、1分48秒台を2回、1分47秒台を2回記録。1分47秒388の1番時計を刻んだ。

ランク4位のアレックス・マルケスは、3度のコースインで18ラップを周回すると、1分48秒台を1回、1分47秒台を最多の3回記録して、0.311秒差の2番手。

ランク7位のヤコブ・コーンフィールは、3度のコースインで17ラップを周回すると、1分48秒台を5回、1分47秒台を1回記録して、0.455秒差の3番手。

ランク5位のアレックス・リンスとランク2位のロマーネ・フェナティは、最多の19ラップを周回して、0.793秒差の4番手と0.979秒差の5番手。ランク3位のエフレン・バスケス、ニクラス・アジョ、ブラッド・ビンダー、フィリップ・エッテル、ダニー・ケントがトップ10入り。

ポイントリーダーのジャック・ミラーは、2度のコースインで12ラップを周回すると、1分49秒台を3回、1分48秒台を1回記録1.405秒差の12番手だった。

リザルト

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
続きを読む »
Advertising