フリー走行2:E.バスケスが今季4度目の1番時計

Jerez Moto3 FP2 Vazquez
Friday, 2 May 2014

フリー走行1で6番手だったランク2位のバスケスが、今季4度目の1番時計を記録。フェナティ、オリベイラがトップ3入り。ポイントリーダーのミラーは4番手。フリー走行1を制したビニャーレスが初日総合1番手に進出した。

第4戦スペインGPのフリー走行2は2日、ヘレス・サーキットで行われ、ランク2位のエフレン・バスケスがトップタイムをマーク。イサック・ビニャーレスがフリー走行1のラップタイムで初日総合1番手に進出した。

気温31度。路面温度46度のドライコンディションの中、フリー走行1で6番手だったバスケスは、3度のコースインで16ラップを周回すると、1分48秒台を3回、1分47秒台を2回記録。1分47秒725の1番時計を刻んだ。

午前のプラクティスで5番手だったロマーノ・フェナティは、4度のコースインで15ラップを周回すると、1分48秒台を5回、1分47秒台を1回記録して、0.074秒差の2番手に浮上。

週末最初のプラクティスで31番手だったミゲール・オリベイラは、3度のコースインで16ラップを周回すると、1分48秒台を2回、1分47秒台を2回記録して、0.170秒差の3番手に躍進。

12番手発進だったジャック・ミラーは、3度のコースインで15ラップを周回すると、1分48秒台を6回記録して、0.335秒差の4番手。アレックス・マルケス、アレックス・リンス、ジョン・マックフィーが続き、フリー走行1を制したイサック・ビニャーレスと3番手のヤコブ・コーンフィールは、ラップタイムを更新できずに8番手と9番手に後退。

ワイルドカードのガブリエル・ロドリゴとマリア・エレーラは、10番手と13番手に進出した。

リザルト

TAGS Spain

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising