決勝レース:R.フェナティが初優勝の舞台で2連勝

Jerez Moto3 Race Fenati
Sunday, 4 May 2014

8人による優勝争いが繰り広げた中、10番グリッドのフェナティが優勝。2連勝を達成すれば、地元勢のバスケスとリンスが表彰台を獲得。ポールポジションのミラーは4位に入り、ポイントリーダーの座を堅守した。

第4戦スペインGPの決勝レースは4日、ヘレス・サーキットで行われ、ランク2位のロマーノ・フェナティが優勝。ポイントリーダーとのポイントギャップを5ポイント差に詰めた。

気温23度。路面温度29度のドライコンディションの中、10番グリッドのフェナティは、グループで繰り広げられた優勝争いの中、ハードプッシュで地元スペイン勢の追走を僅少さで抑えて、2012年にデビュー2戦目で初優勝を飾った当地で、前戦アルゼンチンGPに続いて2連勝を達成した。

7番グリッドのエフレン・バスケスは、0.144秒差の2番手。2010年4月の開幕戦カタールGP以来となる自己最高位タイの2位、今季3度目の表彰台を獲得すれば、3番グリッドのアレックス・リンスは、3位に入って今季初の表彰台を獲得。

当地で2月と3月に開催された2度のオフィシャルテストで連続して総合1番手に進出して、3戦連続のポールポジションからスタートしたジャック・ミラーは4位。4番グリッドのイサック・ビニャーレスは、自己最高位の5位。11番グリッドのヤコブ・コーンフィール、5番グリッドのアレックス・マルケス、6番グリッドのフランシスコ・バグナイアが続いた。

5人による9位争いは、エレナ・バスティアニーニが制して、ニクラス・アジョがトップ10入り。

2番グリッドのニッコロ・アントネッリは、3ラップ目に転倒リタイヤを喫した。

チャンピオンシップのポイントランキングは、ポイントリーダーのミラーが13ポイントを加算して79ポイント。ランク2位のフェナティが5ポイント差、ランク3位のバスケスが17ポイント差に接近した。

次戦は、ルマンで16日に開幕、18日に決勝レースが行われる。

リザルト

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising