フリー走行2:M.マルケスが1番時計/A.エスパルガロが初日総合1番手

Jerez MotoGP FP2 Marquez
Friday, 2 May 2014

路面温度が49度に達成した厳しいコンディションの中、フリー走行2でマルケスが1番時計を記録。初日総合3番手に進出すれば、オープンオプションのエスパルガロ兄はフリー走行1のタイムで初日総合1番手。ロレンソは総合2番手。ペドロサ、ドビツィオーソ、ロッシが続き、青山は総合16番手だった。

第4戦スペインGPのフリー走行2は2日、ヘレス・サーキットで行われ、ポイントリーダーのマルク・マルケスがトップタイムをマーク。フリー走行1を制したアレックス・エスパルガロが初日総合1番手に進出した。

気温31度。路面温度49度のドライコンディションの中、フリー走行1で3番手だったマルケスは、3度のコースインで18ラップを周回すると、1分40秒台を最多の10回、1分39秒台を1回記録。1分39秒757の1番時計を刻み、総合3番手に進出。

週末最初のプラクティスを制したアレックス・エスパルガロは、4度のコースインで17ラップを周回すると、1分40秒台を6回、1分39秒台を1回記録。ラップタイムを更新できずに、0.216秒差の2番手に後退したが、初日総合1番手を維持。

午前のプラクティスで7番手だったアンドレア・ドビツィオーソは、4度のコースインで19ラップを周回すると、1分41秒台を6回、1分40秒台を2回記録して、0.271秒差の3番手、総合5番手。

5番手発進したバレンティーノ・ロッシは、3度のコースインで20ラップを周回すると、1分41秒台を3回、1分40秒台を最多の10回記録して、0.368秒差の4番手、総合6番手。

ホルヘ・ロレンソは、4度のコースインで18ラップを周回すると、1分41秒台を1回、1分40秒台を9回記録して、ラップタイムを更新できずに0.376秒差の5番手に後退したが、総合2番手。

ダニ・ペドロサは、3度のコースインで19ラップを周回すると、1分41秒台を3回、1分40秒台を9回記録して、ラップタイムを更新できずに0.734秒差の6番手、総合4番手。

フリー走行1で16番手だった青山博一は、4度のコースインで16ラップを周回すると、1分42秒台を2回、1分41秒台を4回記録して、1.431秒差の14番手、総合16番手。

右手小指の負傷から復帰したカル・クラッチローは、4度のコースインで16ラップを周回して、1.596秒差の15番手。ブラドリー・スミス、エクトル・バルベラが転倒を喫した。

リザルト

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising