J.ロレンソがコロンビア&メキシコを訪問

Monday, 7 April 2014

アメリカ・テキサス州のオースティンで開催される第2戦アメリカズGPを前に、ロレンソがコロンビアのメデジンとボゴタ、メキシコのメキシコシティをプロモーションのために訪問。プレシカンファレンスと市販車の発表会、ファンイベントに参加した。

モビスター・ヤマハ・MotoGPのホルヘ・ロレンソは、今週末にサーキット・オブ・ジ・アメリカズで開催される第2戦アメリカズGPを前に、4日からプロモーションを目的に、コロンビアの首都ボゴタと第二の都市メデジン、メキシコの首都メキシコシティを訪問。新しい市販車を紹介した。

初日は、メデジン市内の新しいヤマハ発動機のヘッドクオーターを訪問。約2千人の職員に挨拶をした後、ヤマハ楽器の楽器を使用した子供たちのコンサートを鑑賞。プレスカンファレンスで交通安全の重要性を訴えた後には、ショッピングセンターを訪れて、集まった約1000人のファンとの交流を楽しんだ。

2日目は、首都ボゴタに移動。アウトドルモ・デ・トカンシパで開催されたヤマハレーシングデーに参加して、参加した約1万人のファンの前で、新車MT-07を試乗した。

「コロンビアの人たちには驚いた。ヤマハにとって非常に重要な市場で、MotoGP™に対して情熱的。トカンシパでの1日は信じられない体験となった。熱狂的なファンに会えたこと素晴らしい。僕を観に来てくれたコロンビアのファンとイベントを主催してくれたヤマハ・コロンビアに感謝したい。コロンビアでMotoGP™が開催されることを期待する」と、コロンビア訪問に感動。

3日目は、メキシコシティを訪れ、プレスカンファレンスと新車レイZの発表会に出席。その後、市内のショッピングセンターに移動して、サイン会を行い、約2000人のファンとの交流を図った。

「コロンビアのように、メキシコでもまるでスターのような待遇を受けた。ここを訪れたことが嬉しい。光栄だ。僅か1日だけの滞在だったけど、人々は熱狂的で、ヨーロッパのようにレースが開催されない国でプロモーションを維持することは非常に重要なこと。今回は信じられない経験となった」と、感想を語った。

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
続きを読む »
Advertising