フリー走行1:I.ビニャーレスが2戦連続の1番手発進

Le Mans Moto3 FP1 Vinales
Friday, 16 May 2014

ランク7位のビニャーレスが、週末最初のプラクティスで今季2度目の1番時計を記録。前戦スペインGPに続いて、2戦連続の1番手発進を決めれば、ランク3位のバスケスはコンマ1秒差の2番手。モーターランド・アラゴンでプライベートテストを実施したマルケスとリンスが続き、ランク2位のフェナティは5番手、ポイントリーダーのミラーは6番手だった。

第5戦フランスGPのフリー走行1は16日、ルマンで行われ、ランク7位のイサック・ビニャーレスがトップタイムをマーク。2戦連続して1番時計発進を決めた。

気温12度。路面温度13度のドライコンディションの中、前戦スペインGPで自己最高位の5位に進出したビニャーレスは、3度のコースインで16ラップを周回すると、1分45秒台を3回、1分44秒台を2回、1分43秒台1回記録。サーキットレコードラップ(1分43秒916)に接近する1分43秒998の1番時計を刻んだ。

ランク3位のエフレン・バスケスは、3度のコースインで18ラップを周回すると、1分45秒台を最多の5回、1分44秒台を5回記録して、0.124秒差の2番手。

ランク5位のアレックス・マルケスは、3度のコースインで18ラップを周回すると、1分45秒台を1回、1分44秒台を最多の6回記録して、0.393秒差の3番手。

ランク4位のアレックス・リンスは、3度のコースインで18ラップを周回すると、1分45秒台を1回、1分44秒台を4回記録して、0.419秒差の4番手。

ランク2位のロマーノ・フェナティは、3度のコースインで16ラップを周回すると、1分45秒台を2回、1分44秒台を5回記録して、0.476秒差の5番手。

ポイントリーダーのジャック・ミラーは、3度のコースインで17ラップを周回すると、1分45秒台を4回、1分44秒台を2回記録して、0.591秒差の6番手。ニッコロ・アントネッリ、アレキッサンドロ・トヌッチ、ニクラス・アジョ、ハフィク・アズミがトップ10入りした。

リザルト

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising