決勝レース:J.ミラーが接戦制して今季3勝目

Le Mans Moto3 Race Miller
Sunday, 18 May 2014

トップ9までが1.5秒差に接近したグループバトルの中、ポイントリーダーのミラーが2番グリッドから今季3勝目。3番グリッドのリンスは今季最高位の2位。6番グリッドのビニャーレスは自己最高位の3位を獲得。バグナイア、マルケスが続き、バスケスは6位、フェナティはリタイヤを喫した。

第5戦フランスGPの決勝レースは18日、ルマンで行われ、ポイントリーダーのジャック・ミラーが優勝。開幕戦カタールGP、第2戦アメリカズGPに続いて、今季3勝目を挙げた。

気温21度。路面温度34度のドライコンディションの中、2番グリッドのミラーは、ゴールラインまで展開されたトップグループによる優勝争いに僅少さで競り勝って、今季3勝目を挙げれば、3番グリッドのアレックス・リンスは、0.095秒差の2番手。今季の最高位に進出。

6番グリッドのイサック・ビニャーレスは、前戦スペインGPで自己最高位の5位を獲得した後に、キャリア初の表彰台を獲得。17番グリッドのフランセスコ・バグナイアは、自己最高位の4位。7番グリッドのアレックス・マルケスは5位。

ウォームアップ走行で週末3度目の1番時計を刻んだポールポジションのエフレン・バスケスは6位。13番グリッドのエレナ・バスティアニーニ、8番グリッドのジョン・マックフィー、4番グリッドのアレックス・マスボーまでが、1.575秒差でフィニッシュ。20番グリッドのヤコブ・コーンフィールがトップ10入り。

10番グリッドのロマーノ・フェナティは、ラスト5ラップにテクニカルトラブルでリタイヤした。

チャンピオンシップは、今季3勝目を挙げたミラーが、ランク2位のフェナティに30ポイント差、ランク3位のバスケスに32ポイント差のアドバンテージを広げた。

次戦イタリアGPは、ムジェロ・サーキットで30日に開幕、6月1日に決勝レースが行われる。

リザルト

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
続きを読む »
Advertising