マーク・VDS・レーシング、最高峰クラス進出に向けて適切な契約を希望

Marc VDS want ‘proper’ MotoGP™ deal
Tuesday, 17 June 2014

数年前から最高峰クラスへの参戦に関して、意志表示を見せていたベルギーのプライベートチームは、コンストラクターから提示があれば、コラボを結成する準備があることを説明した。

マーク・VDS・レーシングのチームマネージャー、ミシェル・バルトメリーは、第7戦カタルーニャGPで今季6勝目を挙げた後、バルセロナ‐カタルーニャ・サーキットに延滞して、プライベートテストを実施中に、当サイトのインタビューに応え、コンストラクターから適切な提案があれば、来年から最高峰クラスに参戦する準備があることを説明した。

「多くの人たちが考え、MotoGP™クラスへの参戦に関して質問して来るのは通常のことです。4年間のMoto2™クラス参戦で、我々は戦闘力を証明しました。パドック内において、ベストチームの1つになりました。ここまで辿り着くのに、多くの人たちが長年に渡って参戦していることから、我々は懸命に働く必要がありました。MotoGP™クラス参戦を検討する時期が来ています。」

「もし今年でなければ来年、その日が来ることを期待しています。最高峰クラスのコンストラクターがナイスなパッケージを提供してくれれば、一緒に成績を挙げるために喜んで一緒に仕事をすると言うことができます。これからの数日間、数週間で将来の方向を確認しましょう」と、説明した。

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising