決勝レース:マルケスがロレンソを僅少さで制して今季11勝目

Marquez Silverstone MotoGP Race
Sunday, 31 August 2014

ポイントリーダーのマルケスとランク4位のロレンソが、スタートから昨年を再現するように優勝争いを展開。マルケスが今季11勝目、9度目のポール・トゥ・フィニッシュを決めれば、ロレンソが3戦連続の2位を獲得。ロッシがシルバーストンで初めての表彰台を獲得。ペドロサ、ドビツィオーソが続き、ランク13位の青山が14位に進出した。

第12戦イギリスGPの決勝レースは31日、シルバーストン・サーキットで行われ、ポイントリーダーのマルク・マルケスが今季11勝目、最高峰クラスで17勝目、優勝ランキングの11位に並ぶ史上13人目の通算42勝目を挙げた。

気温18度、路面温度29度のドライコンディションの中、ウォームアップ走行で週末6度目の1番時計を刻んだポールポジションのマルケスは、スタートでトップに飛び出した3番グリッドのホルヘ・ロレンソとの間で、昨年を再現するように優勝争いを展開。0.732秒差で競り勝って、当地で2010年以来となる優勝を挙げれば、ロレンソが3戦連続の2位、4戦連続6度目の表彰台を獲得。

6番グリッドのバレンティーノ・ロッシは、5番グリッドのダニ・ペドロサ、2番グリッドのアンドレア・ドビツィオーソとの3位争いに競り勝って、3戦連続の3位、今季8度目の表彰台を獲得。ペドロサ、ドビツィオーソが僅少さで続いた。

8番グリッドのポル・エスパルガロは6位に入り、今季3度目となるサテライト勢の最高位に進出。9番グリッドのステファン・ブラドル、10番グリッドのアンドレア・イアンノーネ、4番グリッドのアレイシ・エスパルバロ、11番グリッドのスコット・レディングがトップ10入り。

16番グリッドの青山博一は14位に入り、4戦連続11度目のポイント圏内に進出。

7番グリッドのブラドリー・スミスは、8番手走行中の11ラップ目に転倒した後、レースに復帰して22位。12番グリッドのアルバロ・バウティスタは、8番手走行中のラスト2ラップに転倒リタイヤを喫した。

チャンピオンシップは、ポイントリーダーのマルケスとランク2位のペドロサとのギャップが89ポイント差に広がった。

次戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPは、ミサノ・ワールド・サーキット-マルコ・シモンチェリで12日に開幕、14日に決勝レースが行われる。

リザルト

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising