第4戦スペインGP:MotoGP™クラスプレビュー

Marquez mission to extend winning streak
Tuesday, 29 April 2014

キャリア未勝利のヘレスにポイントリーダーとして乗り込むマルケスに、過去に2勝を挙げたペドロサとロレンソをはじめ、最多6勝を挙げたロッシ、ドゥカティ勢のドビツィオーソとイアンノーネ、サテライト勢のブラドルとスミスらが挑戦。オープンオプションのエスパルガロ兄と青山に注目が集まる。

第4戦スペインGPは、ヘレス・サーキットで2日に開幕。4日に決勝レースが行われ、開幕戦カタールGPから3戦連続して、ポール・トゥ・フィニッシュを決めたマルク・マルケスがポイントリーダーとして、ホームレースに乗り込む。

1987年に初開催してから、今年で26年連続、27回目の開催となる当地は、チャンピオンシップの歴史上、今年で66回目の開催を迎えるTTサーキット・アッセンに続いて、2番目の最多開催地となる。

史上最年少4番目の通算100戦目を迎えるポイントリーダーのマルケスは、前戦アメリカズGPで、2010年のホルヘ・ロレンソ以来となる開幕から3戦連続のポールポジション、2001年のバレンティーノ・ロッシ以来となる開幕からの3連勝を達成。現在開催するサーキットの中で唯一、過去5度の挑戦で、まだ優勝を挙げていないヘレスに挑戦する。

開幕から3戦連続のトップ3入りを果たして、史上4番目、現役では2番目となる通算87度目の表彰台を獲得したランク2位のダニ・ペドロサは、最高峰クラスに進出した2006年から8年連続して表彰台を獲得、2008年と2013年に優勝を挙げた地元で、ポイントリーダーとの19ポイント差を詰めに行く。

ライバル勢のホームトラックに乗り込むランク3位のロッシは、ヘレス最多となる6勝(2001年、2002年、2003年、2005年、2007年、2009年)を含めて8度の表彰台を獲得。2010年以来の表彰台、2009年以来の優勝で、34ポイント差のギャップを縮小させたいところ。

史上最年少、史上23人目となる通算200戦目を迎えるロレンソは、前戦で今季初の表彰台を獲得した後、最高峰クラスに進出した2008年から2010年と2011年の優勝を含めて5度の表彰台を獲得した地元舞台に勢いに乗って乗り込む。

ランク4位のアンドレア・ドビツィオーソは、当地での最高位は2012年の5位。チームメイトのカル・クラッチローは、第2戦アメリカズGPで右手小指を負傷したことから前戦を欠場したが、治療とリハビリに専念して、今週末に復帰を予定。前戦に負傷代役として参戦したテストライダーのミケーレ・ピロは、ワイルドカードとして、クラッチロー車からテストで使用するデスモセディチGP14に乗り換える。

サテライト勢では、開幕から好走を見せるランク5位のアンドレア・イアンノーネ、ランク6位のステファン・ブラドル、ランク9位のブラドリー・スミスに加え、Moto2™クラス王者のポル・エスパルガロが最高峰クラスライダーとして、地元デビュー。3戦連続転倒リタイヤのアルバロ・バウティスタは、ヨーロッパラウンドの緒戦で、ネガティブな流れを断ち切りたいところ。

オープンオプションでは、ランク8位のアレックス・エスパルガロがテクニカルトラックでファクトリーオプションに挑戦。ランク11位のニッキー・ヘイデン、前戦で10位に進出したランク12位の青山博一らが、オープンオプションの最高位を目指す。

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising