オフィシャルテスト:M.マルケスが最速時計を記録

Monday, 5 May 2014

序盤4戦を終えたヘレスでシーズン最初のオフィシャルテストが開催。ポイントリーダーのマルケスが最速のアベレージラップを刻めば、27歳の誕生日を迎えたロレンソが、コンマ2秒差の2番手。ロッシ、ペドロサ、バウティスタが続き、オープンオプションではエスパルガロ兄が1.0秒差の8番手。青山は1.1秒差の10番手、カテゴリー2番手に進出した。

最高峰クラスのオフィシャルテストは5日、第4戦スペインGPが開催されたヘレス・サーキットで行われ、ポール・トゥ・フィニッシュを決めたポイントリーダーのマルク・マルケスがトップタイムをマークした。

序盤4戦が終了し、今シーズン最初のテストとなる今回は、当大会にワイルドカード参戦したドゥカティのテストライダー、ミケーレ・ピロとNGM・フォワード・レーシングのMoto2™チームに起用するシモーネ・コルシが合流。

ドゥカティ・チームのアンドレア・ドビツィオーソとカル・クラッチロー、左手首を骨折したイオダレーシング・プロジェクトのダニロ・ペトルッチ、古傷の右手が腫れてドクターストップが命じられたドライブ・M7・アスパルのニッキー・ヘイデン、腹痛を訴えたプラマック・レーシングのヨニー・エルナンデェス、NGM・フォワード・レーシングのコーリン・エドワーズがテストをキャンセルして、合計19名がテストを実施。

気温29度。路面温度45度のドライコンディションの中、キャリア未勝利の当地で初優勝を飾ったばかりのマルケスは、参加者中2番目にコースインすると、リアのサスペンションとジオメトリーの調整に取り組み、7度のコースインで55ラップを周回。1分39秒台を最多の32回、1分38秒台を2回記録して、決勝レースのファーストラップ(1分39秒841)を上回り、サーキットベストラップ(1分38秒120)に接近する1分38秒737を刻んだ。

ランク2位のダニ・ペドロサは、レース序盤のパフォーマンスを向上させるために、フロントサスペンションの改良に着手。10度のコースインで51ラップを周回すると、1分40秒台を17回、1分39秒台を12回記録して、0.640秒差の4番手。

27歳の誕生日を迎えたランク5位のホルヘ・ロレンソは、新しいスイングアームの検証やスタート練習に取り組み、12度のコースインで62ラップを周回。1分40秒台を15回、1分39秒台を20回記録して、0.262秒差の2番手に進出。

ランク3位のバレンティーノ・ロッシは、電子制御とバイクのバランスを追求して、12度のコースインで58ラップを周回。1分40秒台を24回、1分39秒台を9回記録して、0.326秒差の3番手。

今季4戦目で初ポイントを稼いだランク15位のアルバロ・バウティスタは、日信工業が今回のテストに準備したフロントブレーキ、ショーワが次戦を視野に投入したフロントフォークとリアショックを検証。スタート練習も実施して、73ラップを周回すると、1分40秒台を最多の35回、1分39秒台を1回記録。公式予選2のタイムを更新して、0.640秒差の5番手に進出した。

ランク6位のステファン・ブラドルは、決勝レースで耐えた右前腕上がり症状の状態が良く、サスペンション、ジオメトリー、電子制御を中心に、コーナー進入の改良に着手して、70ラップを周回。1分40秒台を27回、1分39秒台を3回記録して、0.976秒差の6番手。

ランク10位のポル・エスパルガロは、1.043秒差の7番手。ランク8位のブラドリー・スミスとランク9位のアンドレア・イアンノーネは、転倒を喫して、9番手と11番手。

オープンオプションでは、ランク7位のアレックス・エスパルガロは、フロントエンドのフィーリングを向上する目的で41ラップを周回。1分40秒台を11回、1分39秒台を4回記録して、1.060秒差の8番手に進出すれば、中量級ランク5位のコルシは、エドワーズ車を初試乗。45ラップを周回して、3.596秒差の18番手。

ランク11位の青山博一は、サスペンション、ジオメトリー、シャーシのテストに取り組み、9度のコースインで60ラップを周回。1分40秒台を13回、1分39秒台を3回記録して、1.144秒差の10番手。

ランク17位のカレル・アブラハムは、左肩痛によりシーズン準備が出遅れたことから、巻き返しに向けて、朝10時のトラックオープンと同時にコースイン。43ラップを周回して、14番手だった。

アビンティア・レーシングは、アキラ・テクノロジーから届いたニューエンジンを中心にクラッチ、チェーンなど幾つかの新しいパーツをテスト。ランク20位のエクトル・バルベラが最多の74ラップを周回して15番手、ホームレースを次戦に控えるマイク・ディ・メッリオは最後尾19番手。

ポール・バード・モータースポーツは、ミシュル・ラバティとブロック・パークスが電子制御とジオメトリーを調整して、16番手と17番手だった。

リザルト

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
続きを読む »
Advertising