史上最年少王者マルケスがローレウス賞の『ブレークスルー・オブ・ザ・イヤー』を受賞

Wednesday, 26 March 2014

スポーツ界のアカデミー賞と呼ばれるローレウス・ワールド・スポーツ・アワードが、クアラルンプールで開催され、開幕戦で優勝を飾ったマルケスが、史上最年少王者を獲得した実績が評価されて、『ブレークスルー・オブ・ザ・イヤー』に輝いた。

ローレウス・ワールド・スポーツ・アワードは26日、マレーシアの首都クアラルンプールで通算15回目の授賞式を行い、2013年に最も躍進したスポーツ選手に贈る『ブレークスルー・オブ・ザ・イヤー』に、史上最年少王者として最高峰クラス1年目にタイトル獲得に成功したレプソル・ホンダのマルク・マルケスを選出した。

レジェンドライダーのジャコモ・アゴスチーニ、ミック・ドゥーハン、元F1ドライバーのデビッド・クルサードから受賞のトロフィーを受け取ったスペイン人ライダーは、「この賞を僕に与えてくれたローレウス・アカデミーに感謝したい。若干20歳でスポーツ界のレジェンドたちと一緒にいられることは大変特別なこと。これは今までに受賞した中で最も重要な賞。僕のキャリアとタイトル獲得を支援してくれたみんなに感謝したい」と、受賞の感想を語った。

今回の『ブレークスルー・オブ・ザ・イヤー』には、難民キャンプ地でクリケットを学んで、ワールドカップで決勝に進出したアフガニスタン・クリケット代表チームをはじめ、ドイツ人として初めて世界選手権男子棒高跳びで金メダルを獲得したラファエル・ホルツデッペ、ゴルフ全米オープンを初優勝したジャスティン・ローズらが候補に挙げられていた。

過去、二輪界では、バレンティーノ・ロッシが2006年にスピリット・オブ・スポーツ、2011年にカンバック・オブ・ザ・イヤーを受賞していた。

2014年ローレウス・ワールド・スポーツ・アワード受賞者
年間最優秀男子選手(男性): セバスチャン・ベッテル(F1)
年間最優秀女子選手(女性): メリッサ・フランクリン(水泳)
年間最優秀チーム: バイエルン・ミュンヘン(サッカー)
年間最優秀成長選手: マルク・マルケス
年間最優秀復帰選手: ラファエル・ナダル(テニス)

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising