ミシュラン、2016年から最高峰クラスのタイヤサプライヤーに就任

Friday, 23 May 2014

2008年10月の最終戦バレンシアGPを最後に、世界舞台から離れていたフランスのタイヤメーカー、ミシュランが、入札の結果、2016年から最高峰クラスのオフィシャルタイヤサプライヤーに就任することが決定した。

ドルナスポーツは23日、FIM国際モーターサイクリズム連盟との合意の下、フランスのタイヤメーカー、ミシュランが2016年から最高峰クラスのオフィシャルタイヤサプライヤーに就任することを発表した。

2009年からオフィシャルタイヤサプライヤーとして、最高峰クラスのライダーたちを足元から支えて来たブリヂストンは、5月1日に、2015年末で契約を終了することを発表。

同時にドルナスポーツは、1日から入札を開始。3メーカーが意思表示を表した中で、最終的にミシュランのみが入札最終日の22日までに正式に申請した。今後、ドルナスポーツとミシュランとの間で、オフィシャルタイヤサプライヤーとしての契約作業に入る。

TAGS 2014

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising