合同テスト:J.ミラーが2日間連続の1番時計

Friday, 15 November 2013

新天地に移籍したミラーが2日間連続の1番時計を記録。来季に向けて好発進を決めれば、中量級からの天候を決断して1年ぶりに古巣に戻って来たケントは、再順応に向けて最多周回数を刻み、ルーキーズカップ王者のハニカは、スムーズな適応を披露。継続参戦のエッテルは、成長した走りを見せた。

Moto3™クラスの合同テスト2日目、最終日は15日、ヘレス・サーキットで行われ、ジャック・ミラーが連続の1番時計を記録。フル参戦3年目に向けて、新天地から好発進した。

2日目も好天候に恵まれた中、レッドブル・KTM・アジョ・モータースポーツは、タイトル奪回と若手の育成に向けて、来季も3人体制を継続。今季好走を見せたミラー、中量級から古巣に戻って来たダニー・ケント、レッドブル・ルーキーズ・カップ王者のカレル・ハニカが積極的に周回。

2013年の新人勢でランク2位、総合18位だったフィリップ・エッテルは、第3戦スペインGPで記録した週末のベストラップ(1分49秒087)を大きく更新。成長した走りを見せた。

2日目非公式ラップタイム
1. ジャック・ミラー (KTM): 1分47秒290 (54ラップ)
2. ダニー・ケント (KTM): 1分47秒692 (75ラップ)
3. カレル・ハニカ (KTM): 1分47秒781 (55ラップ)
4. ニクラス・アジョ (KTM): 1分47秒876 (58ラップ)
5. フィリップ・エッテル (カレックス‐KTM): 1分47秒939 (44ラップ)
6. アーサー・シシス (マヒンドラ): 1分48秒574 (49ラップ)
7. ミゲール・オリベイラ (マヒンドラ): 1分49秒079 (4ラップ)

2日間総合リザルト
1. ジャック・ミラー (KTM): 1分47秒290 (134ラップ)
2. ダニー・ケント (KTM): 1分47秒692 (147ラップ)
3. カレル・ハニカ (KTM): 1分47秒781 (124ラップ)
4. ニクラス・アジョ (KTM): 1分47秒860 (128ラップ)
5. フィリップ・エッテル (カレックス‐KTM): 1分47秒939 (99ラップ)
6. ミゲール・オリベイラ (マヒンドラ): 1分48秒228 (42ラップ)
7. アーサー・シシス (マヒンドラ): 1分48秒574 (111ラップ)

サーキットレコードラップ‐L.サロン: 1分46秒948(2013年)
サーキットベストラップ‐A.リンス: 1分46秒660(2013年)

TAGS 2014

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising