第5戦フランスGP:プレスカンファレンス

MotoGP™ stars ready for another Le Mans battle
Thursday, 15 May 2014

今年で15年連続、26回目の開催となるルマンで、シーズン5戦目が明日開幕。前日恒例の共同会見に、契約を更新したポイントリーダーのマルケスをはじめ、過去に3勝を挙げたロッシとロレンソ、ムジェロでプライベートテストを実施したドビツィオーソ、新人エスパルガロ弟、地元出身のディ・メッリオが出席した。

第5戦フランスGPのプレスカンファレンスは15日、ルマンのプレスカンファレンスルームで行われ、週末の主役たちが出席した。

HRCと2016年末まで契約を更新したポイントリーダーのマルク・マルケスは、「ホンダとの新たな契約がとても嬉しい。重要なステップを決断した。夢の現実だった。僕を信じてくれ、MotoGPマシンを走らせる機会を与えてくれた。ホンダに感謝したい。」

「ルマンでの僕のレベルはグッド。昨年はポールポジションを獲得した。今回は天候が良いようだ。4戦連続のポールポジションと優勝で信じられないスタートだったけど、いつの日か、優勝が不可能なレースが来るから、チャンピオンシップを考えて、クレーバーとなり、可能な限りのポイントを加算することが必要となるだろう」と、抱負を語った。

当地で3勝を挙げ、ドゥカティに所属した2年間にも連続して表彰台を獲得した当地に戻って来たランク3位のバレンティーノ・ロッシは、「2位を2回獲得したシーズンのスタートが嬉しい。不運にもマルクに勝つことができなかったけど、僕のスピード、レベル、フィーリングが嬉しい。チームと一緒に働いている」と、前戦スペインGPに引き続いてニューシャーシを使用することを説明。

次戦イタリアGPの開催地、ムジェロ・サーキットでプライベートテストを実施して、当地に乗り込んで来たランク4位のアンドレア・ドビツィオーソは、「ヘレスでのリザルトが嬉しい。僕たちは5位だったけど、重要なのは上位陣とのギャップを詰めたこと。ムジェロでテストを実施して、大きなことは何もなかったけど、幾つかのことを試した。転倒を喫したけど、ポジティブだった」と、ドゥカティが上位陣に接近していることを喜んだ。

徐々に調子を取り戻して、ランク5位に浮上したホルヘ・ロレンソは、「当然、このポジションに位置することは思ってもいなかったけど、上位陣とのギャップはそれほど離されていない。歴史的にルマンはヤマハにとってグッドなトラック。特に2008年から2010年までは非常に強かった」と、さらにポイントギャップを詰めに行くことを強調。

最高峰クラス1年目で初めて共同会見に出席したランク10位のポル・エスパルガロは、「上手くやっていると思う。沢山のことを学習して、進歩を継続するために必要な正しい方向に進んでいるようだ。今までと少し違い、兄貴と一緒にレースをしている。お互いにプレッシャーをかけているけど、彼のグッドなシーズンには驚きだ」と、シーズン序盤を振り返った。

フランス人として唯一最高峰クラスに参戦するマイク・ディ・メッリオは、「MotoGP™はエキサイティングだけど、難しい。長い間、フランス人がルマンで勝っていなかったから、2008年の優勝はナイスだった。今週末に勝つことは不可能だろう!目標はポイントを獲得することだ」と、最高峰クラスで初ポイントを狙うことを主張した。

TAGS France

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising