オフィシャルテスト:14人が次戦を視野にテスト実施

Moto2™ is powered by
Mugello Moto2 Test Report
Tuesday, 3 June 2014

シーズン中、最初のオフィシャルテストがムジェロで開催。トランスポンダーが搭載されなかったことから、正確なラップタイムが公表されなかったが、14人のライダーたちが次戦に向けて、それぞれのテストプログラムを実行。ダンロップが準備したタイヤテストも行われた。

Moto2™クラスのオフィシャルテストは3日、ムジェロ・サーキットで行われ、10チーム14人ライダーたちが参加。オフィシャルタイヤサプライヤーのダンロップが準備したフロントタイヤの新しいソフトコンパンドをはじめ、複数のリアタイヤをテストした。

ドライコンディションでテストが始まったが、途中何度か雨に見舞われた中、カレックス勢の筆頭、ポイントリーダーのエステベ・ラバットは、ホームレースとなる次戦カタルーニャGPに向けてセッティングに取り組めば、ランク2位のミカ・カリオは、週末の課題となったフロントエンドのフィーリングを取り戻すことに専念。

前戦イタリアGPで今季2度目の表彰台を獲得したランク7位のジョナス・フォルガーは、第4戦スペインGP後にモーターランド・アラゴンで実施したプライベートテストで初めて試して、週末に本格的に使用したホワイトパワー製のサスペンションに集中。

ランク21位の中上貴晶は、フロントとリアのサスペンションのテストに取り組み、ランク23位のハーフィス・シャハリンは、まだ投入していなかった新しいスイングアームをテスト。

シューター勢は、負傷欠場のトーマス・ルティに代わって、ランク4位のドミニケ・エジャーターとランク11位のチャビエル・シメオンが新型シャーシと新型スイングアームを検証。

スピードアップを走らせるランク9位のサム・ロース、テック3のオリジナルマシンを使用するランク14位のマンセル・シュレッターとランク18位のリカルド・カルドゥスは、セッティングを調整。ランク19位のランディ・クルメンナッハ、ランク26位のアクセル・ポンス、ロレンソ・バルダッサーリ、ジノ・レイもテストに参加した。

TAGS Italy

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising