史上最年少王者マルケスが公式伝記を発表

Official Marquez biography launched in Barcelona
Wednesday, 4 June 2014

最高峰クラス2戦目となった昨年4月の第2戦アメリカズGPで史上最年少優勝の記録を更新して、11月の最終戦バレンシアGPで史上最年少王者に輝いたマルケスが、2013年シーズンを振り返った公式伝記を出版することを発表した。

史上最年少王者のマルク・マルケスは、前戦イタリアGPで史上最年少の6連勝を達成し、ホームレースとなる次戦カタルーニャGPを控えた4日、スペイン・バルセロナのモンジュイックの丘にある五輪博物館で、自身のオフィシャルバイオグラフィーを発表した。

スペイン人ジャーナリストで著者のエミリオ・ペレス・デ・ロサスをはじめ、レジェンドライダーのフレディ・スペンサー、パーソナルマネージャーのエミリオ・アルサモーラ、ドルナスポーツのCEO最高経営責任者カルメロ・エスペレータらがゲストとして出席。

「正直、僕は自分の本を作りたくなかった。時期尚早だと考えていたけど、エミリオ・ペレス・デ・ロサスとエミリオ・アルサモーラが、2013年は大切な年だったと説得してくれ、本当に僕にとって特別な年だったとファンに説明する目的で伝記本を作成することにした。みんなが素晴らしい仕事をしてくれた。この本の出版にあたり、協力してくれ、素晴らしい言葉を語ってくれたフレディ・スペンサーにも感謝したい」と、伝記を出版する動機を説明。

フランスから発表会に出席するために駆けつけたスペンサーは、「マルクが昨年のオースティンで私の史上最年少優勝記録を更新したとき、ものごとがどのように収まって行くのかを考えるようになりました。これは、どのようにしてチャンピオンシップを制覇し、史上最年少王者に輝いたのかを語る大変興味深い本となることから、作成に参加したかったです」と、協力の理由を説明した。

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising