フリー走行1:R.フェナティがシーズン最初のセッションで1番時計

Qatar Moto3 Fenati FP1
Thursday, 20 March 2014

競技規定が変更され、3年目を迎えるMoto3™クラスのシーズン最初のセッションで、ロッシとイタリアのテレビ局のコラボにより結成された新規参戦チームに移籍したフェナティが、昨年のポールタイムとサーキットレコードを上回る1番時計を記録。チャンピオンチームから参戦のコーンフィールとビニャーレスが続き、ホンダ勢のマルケスとバスケスがトップ5入り。オフィシャルテストで1番手に進出したミラーは6番手だった。

開幕戦カタールGPのフリー走行1は20日、ロサイル・インターナショナル・サーキットで行われ、ロマーノ・フェナティがトップタイムをマークした。

気温23度。路面温度26度のドライコンディションの中、新規参戦チームからKTMに乗り換えたフェナティは、2分07秒台を4回記録。サーキットレコード(2分07秒276)を上回る2分07秒176の1番時計を刻んだ。

チャンピオンチームに移籍したヤコブ・コーンフィールは、2分07秒台を最多の6回記録して、0.046秒差の2番手に進出すれば、チームメイトのイサック・ビニャーレスは、2分07秒台を3回記録して、0.435秒差の3番手。

3度目のオフィシャルテストで総合2番手に進出したアレックス・マルケスは、KTMからホンダに乗り換えて、2分07秒台を2回記録。0.599秒差の4番手に入れば、エフレン・バスケスが0.699秒差の5番手。

オフィシャルテストで2度の総合1番手に進出したジャック・ミラーは、2分07秒台を1回記録して、0.729秒差の6番手。アレックス・リンス、ダニー・ケント、フランセスコ・バグナイア、ミゲール・オリベイラがトップ10入りした。

リザルト

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising