フリー走行3:R.フェナティがキャリア3度のフリー走行総合1番手に進出

Qatar Moto3 Fenati FP3
Friday, 21 March 2014

初日総合1番手のフェナティが、キャリア初となる3回連続の1番時計を記録。キャリア3度目のフリー走行1番手に進出すれば、リンスとマルケスが2番手、3番手に躍進。マックフィーとマスボーと共にトップ10にホンダ勢4台が入り、ミラー、コーンフィール、バグナイア、ハニカ、アントネッリのKTMが続いた。

開幕戦カタールGPのフリー走行3は21日、ロサイル・インターナショナル・サーキットで行われ、ロマーノ・フェナティがトップタイムをマーク。フリー総合1番手に進出した。

気温25度。路面温度26度のドライコンディションの中、初日に連続して1番手に進出したフェナティは、2分06秒台を7回記録。2分06秒121の1番時計を刻み、史上最年少3番目の初優勝を飾った参戦1年目の2012年4月の第2戦スペインGP、地元で開催された第13戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGP以来となる総合1番手に進出。

初日総合9番手のアレックス・リンスは、2分07秒台を7回、2分06秒台を2回記録して、0.061秒差の2番手に浮上すれば、初日総合6番手のアレックス・マルケスは、2分07秒台を6回、2分06秒台を2回記録して、0.152秒差の3番手。

初日総合3番手のジャック・ミラーは、2分07秒台を5回、2分06秒台を2回記録して、0.159秒差の4番手。

初日総合2番手のヤコブ・コーンフィールは、2分07秒台を1回、2分06秒台を4回記録して、0.202秒差の4番手に後退したが、初日タイムで総合3番手。ジョン・マックフィー、アレックス・マスボー、フランシスコ・バグナイア、カレル・ハニカ、ニッコロ・アントネッリがトップ10入り。

リザルト

TAGS Qatar

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising