決勝レース:J.ミラーが新天地で初優勝

Qatar Moto3 Miller Race
Sunday, 23 March 2014

KTMのファクトリーチームに移籍した3番グリッドのミラーが、キャリア初優勝。ポイントリーダーに進出すれば、ホンダを走らせた2番グリッドのマルケスと15番グリッドのバスケスが表彰台を獲得。11番グリッドのオリベイラ、ポールポジションのリンスが続いた。

開幕戦カタールGPの決勝レースは23日、ロサイル・インターナショナル・サーキットで行われ、ジャック・ミラーがキャリア初優勝を飾った。

気温23度。路面温度22度のドライコンディションの中、3番グリッドのジャック・ミラーは、ホールショットを決めた後、2番グリッドのアレックス・マルケスとの優勝争いを展開。最終ラップを制して、通算38戦目で初優勝、初表彰台を獲得。オーストラリア人としては、2014年10月の第14戦マレーシアGPでKTMに初優勝をもたらしたケーシー・ストーナー以来9年5ヶ月ぶりの優勝となり、キャリアで初めてポイントリーダーに躍り出た。

トップ走行中の最終ラップにミスを犯したマルケスは、0.233秒差の2位。ウォームアップ走行で2番手に進出した15番グリッドのエフレン・バスケスは、ゴールライン手前で2人を抜いて3位に入り、Moto3™クラスで初めての表彰台を獲得。

11番グリッドのミゲール・オリベイラは、0.015秒差で表彰台を逃したが、4位に進出。ウォームアップ走行で1番時計を記録したポールポジションのアレックス・リンスは、スタートミスが影響して5番手。4番グリッドのヤコブ・コーンフィール、アレックス・マスボー、イサック・ビニャーレス、ニッコロ・アントネッリ、フランシスコ・バグナイアがトップ10入り。

次戦アメリカズGPは、開催2年目を迎えるサーキット・オブ・ジ・アメリカで4月11日に開催、13日に決勝レースが行われる。

リザルト

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising