フリー走行2:A.エスパルガロが連続の1番時計

Friday, 21 March 2014

初日のフリー走行1で最速ラップを刻んだエスパルガロ兄が、1分54秒台に進出。1番手を維持すれば、14番手だったドビツィオーソがコンマ3秒差の2番手にジャンプアップ。バウティスタ、ペドロサ、マルケスが続き、ロッシとロレンソは9番手と11番手。17番手の青山は、2.6秒差の18番手だった。

開幕戦カタールGPのフリー走行2は21日、ロサイル・インターナショナル・サーキットで行われ、アレックス・エスパルガロがトップタイムをマークした。

気温24度。路面温度28度のドライコンディションの中、フリー走行1を制したエスパルガロ兄は、1分55秒台を4回、1分54秒台を1回記録。1分54秒989の1番時計を刻み、連続して1番手に進出。

フリー走行1で14番手だったアンドレア・ドビツィオーソは、1分56秒台を6回、1分55秒台を3回記録して、0.331秒差の2番手に浮上。

フリー走行1で2番手のアルバロ・バウティスタは、1分56秒台を8回、1分55秒台を2回記録して、0.457秒差の3番手。

フリー走行1で6番手のダニ・ペドロサは、1分56秒台を6回、1分55秒台を2回記録して、0.573秒差の4番手。

フリー走行1で11番手のマルク・マルケスは、1分56秒台を4回、1分55秒台を2回記録して、0.618秒差の5番手に入り、ブラドリー・スミス、ステファン・ブラドルが続いた。

今月10日に手術を受けた左鎖骨を抜糸して、2度目のセッションに臨んだフリー走行1で5番手だったポル・エスパルガロは、3ラップ目に転倒を喫したが、2号車に乗り換えて、0.924秒差の8番手。

フリー走行1で7番手だったバレンティーノ・ロッシは、1分56秒台を9回、1分55秒台を1回記録して、0.995秒差の9番手。

フリー走行1で9番手だったホルヘ・ロレンソは、1分56秒台を10回記録して、アンドレア・イアンノーネに続いて、1.183秒差の11番手。

フリー走行1で17番手だった青山博一は、3度のコースインで最多の19ラップを周回すると、1分58秒台を7回、1分57秒台を5回記録して、2.645秒差の18番手だった。

リザルト

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising