開幕戦カタールGP決勝レース:M.マルケスがタイトル防衛に向けてオープニングレースで優勝

Qatar MotoGP Marquez Race
Sunday, 23 March 2014

新旧の王者が対決した2014年シーズンのオープニングレース。ポールポジションのマルケスが10番グリッドのロッシを僅少さで抑えて、最高峰クラス通算7勝目。6番グリッドのペドロサが3位表彰台。9番グリッドのエスパルガロ兄がオープンオプションの最高位4位。15番グリッドの青山が11位に進出した。

開幕戦カタールGPのウォームアップ走行は23日、ロサイル・インターナショナル・サーキットで行われ、マルク・マルケスが優勝。タイトル防衛に向けて、ポイントリーダーに飛び出した。

気温20度。路面温度18度のドライコンディションの中、ウォームアップ走行で6番手だったポールポジションのマルケスは、リアタイヤにファクトリーオプションで唯一硬めを選択すると、中盤からバレンティーノ・ロッシとのバトルを展開。0.259秒差で競り勝って、最高峰クラスで7勝目、通算33勝目を飾り、オープニングレースでは、2年ぶりの優勝。タイトルを獲得した2010年(125ccクラス)、2012年(Moto2™クラス)、2013年(MotoGP™クラス)に続いて、4度目の表彰台を獲得した。

10番グリッドのロッシは、2年連続の2位表彰台を獲得。6番グリッドのダニ・ペドロサは、3位に入り、2年ぶりに開幕戦で表彰台を獲得。

9番グリッドのアレックス・エスパルガロは、最高峰クラスで自己最高位、オープンオプションのベストリザルトとなる4位に進出。アンドレア・ドビツィオーソ、カル・クラッチロー、スコット・レディング、ニッキー・ヘイデン、コーリン・エドワーズが続いた。

ウォームアップ走行で1番時計を記録した11番グリッドのイアンノーネは、2ラップ目に転倒を喫したが、レースに復帰して10位でフィニッシュ。

15番グリッドの青山博一は、ヨニー・エルナンデェスとのバトルを0.093秒差で競り勝って11位。

5番グリッドのホルヘ・ロレンソは、ホールショットを決めて1番手に飛び出したが、1ラップ目の15コーナーで転倒。最高峰クラスに進出した2008年から続いていた開幕戦での連続表彰台獲得記録が途切れた。

7番グリッドのステファン・ブラドルは、1ラップ目からトップを走行していたが、9ラップ目に転倒。3番グリッドのブラドリー・スミスは、5番手走行中のラスト5ラップに転倒。2番グリッドのアルバロ・バウティスタは 3位表彰台争い中のラスト2ラップに転倒を喫した。

次戦アメリカズGPは、開催2年目を迎えるサーキット・オブ・ジ・アメリカで4月11日に開催、13日に決勝レースが行われる。

リザルト

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising