第7戦カタルーニャGP:レーシングナンバー

Thursday, 12 June 2014

バルセロナ-カタルーニャ・サーキットで23年連続開催となるグランプリに関して、興味深い数字を紹介。初日は、マン島で開催されたチャンピオンシップのオープニングレースからちょうど65年目を迎える。

65年 – 第7戦カタルーニャGPの初日(6月13日)は、1949年にイギリスのマン島で開催された世界選手権の開幕戦ツーリスト・トロフィから65周年。歴史的な初レースとなった350ccクラスで、イギリスのバイクメーカー、ベロセットを走らせて優勝した英国出身のフレディ・フリースは、全5戦で全勝を挙げて、チャンピオンに輝いた後に現役から引退した。

61度目 – マルク・マルケスは、前戦イタリアGPでホルヘ・マルティネス・アスパル、ピエール・パオロ・ビアンキの表彰台獲得記録に並ぶキャリア通算61度目の表彰台を獲得。

勝率50% – マルク・マルケスは、最高峰クラス通算24戦目となった前戦イタリアGPで12勝目。

23歳 – ポル・エスパルガロがホームレース前の6月10日に誕生日。

11年前 – 2003年の第6戦カタルーニャGPでロリス・カピロッシがドゥカティに初優勝をもたらす。

9人目 – 前戦イタリアGPでアンドレア・イアンノーネが今季9人目となる1列目を獲得。

6戦連続 – 中量級で唯一エステベ・ラバットが開幕から6戦連続してトップ4以内に進出。

6連勝 – 最高峰クラスでホンダが6連勝を達成したのは、2003年以来。

5年ぶり – 前戦イタリアGPでロマーノ・フェナティが今季3勝目。軽量級でイタリア人ライダーがシーズン3勝を挙げたのは、2009年のアンドレア・イアンノーネ以来。

4人 – 軽量級において全戦でポイントを連取したのは、アレックス・リンス、エフレン・バスケス、アレックス・マスボー、ダニー・ケントの4人のみ。

0.65秒 – 軽量級において開幕から前戦までの優勝と2位のタイムギャップ差の合計タイム=0.233秒+0.069秒+0.099秒+0.144秒+0.095秒+0.010秒

TAGS Catalunya

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
続きを読む »
Advertising