レプソル・ホンダのマルケスがPP、ペドロサは5番手

Saturday, 16 August 2014

初日総合1番手マルケスが、2度のフリー走行で順位を落としたが、公式予選でポールポジションを獲得。初日総合3番手だったペドロサは、フリー走行総合1番手に進出したが、コンマ2秒差で5番手となった。

レプソル・ホンダのマルク・マルケスは、第11戦チェコGPの公式予選で最速時計を記録。第9戦ドイツGPから9度目のポールポジションを獲得すれば、ダニ・ペドロサは、5番時計。明日の決勝レースを2列目から迎える。

初日総合1番手だったマルケスは、フリー走行3で1分56秒台を最多の7回記録して、トップタイムから0.317秒差の2番手。フリー走行4で1分56秒台を5回記録して、0.105秒差の3番手に後退したが、公式予選2では、1分55秒台を3回記録。1分55秒585の1番時計を刻んだ。

「ポールポジションが嬉しい。イアンノーネが追いかけて来たけど、プッシュする以外に解決策はなかったから、タイムをマークする必要があった。明日のレースは、最もタフなライバルたち、特にダニが2列目からスタートする。ロッシの走りも確認しないと。彼は今週末グッドなレベルで走っている。それに、ロレンソもバトルに加わって来るだろう。最初から最後までハードなバトルとなるだろう」と、厳しいレースになることを予想。

初日総合3番手だったペドロサは、午前のプラクティスで1分56秒台を3回記録して、第7戦カタルーニャGPのウォームアップ走行以来今季6度目の1番時計を記録、第6戦イタリアGP以来今季3度目のフリー走行総合1番手に進出。

午後は、1分56秒台を最多の6回記録して、0.045秒差の2番手。公式予選2では、1分55秒台を3回記録して、0.227秒差の5番手だった。

「雨が降らず、ドライコンディションでタイヤを試すことができたから、ポジティブな1日となった。タイヤ選択が明白になった。1列目を獲得できなかったのは残念だけど、タイムが非常に接近していたから難しかった。グッドなスタートを切って、グッドなレースがしたい」と、抱負を語った。

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising