L.スッポ、レプソル・ホンダの前半戦を総括

Suppo Review Halfway 2014
Monday, 28 July 2014

3メーカーの代表者がシーズン前半戦を総括。第1弾は、ライダー部門、コンストラクター部門、チーム部門でランク1位に進出するホンダから、HRCチームの代表、リビオ・スッポがマルケス&ペドロサの前半戦を振り返った。

HRCチームの代表を務めるリビオ・スッポは、サマーブレイク前にザクセンリンクで開催された第9戦ドイツGPの際に、ホンダのファクトリーチーム、レプソル・ホンダに所属するポイントリーダーのマルク・マルケスとランク2位に進出するダニ・ペドロサの前半戦を総括した。

2013年王者として開幕から9連勝を挙げたマルケスに対して、「信じられないような仕事をしています。1戦目は大変驚きました。他のライダーたちが合計9日間のテストを実施したのに対して、彼は僅か3日間のテストに止まり、怪我から復帰したばかりでした。現実的に、誰も彼の勝利を期待していませんでした。表彰台、もしくは表彰台の近くでフィニッシュすると考えましたが、優勝は他のストーリーです。素晴らしい仕事をしました。あの優勝が強力な後押しとなり、大きな自信をもたらしました。」

「その後はミスを犯さず、まるで無敵でした。遅かれ早かれ、ある状況により、誰かが彼よりも強くなることが起きるでしょう。しかし、我々は彼に喜ばなければいけません。」

第4戦スペインGP後に右前腕を手術したペドロサに対しては、「手術の前後で、前腕の問題が大きく影響したと思います。それからは大変安定して速かったことから、後半戦はファンに大きな満足感を与えるでしょう。」

「チームの雰囲気は、ダニと共に大変良いです。彼らは大変良いチームメイトです。それがダニと契約を更新した理由であり、トップライダーの1人でもあります。その上、マルクとの関係は良いです。非常に上手く共同生活ができる2人の強力なライダーを見るけることは難しいことから、我々は大変嬉しく、大変誇りに思います。」

ホンダのファクトリーチーム、レプソル・ホンダは、3冠連覇に向けて、ライダー部門とコンストラクター部門に加え、チーム部門でもランク1位に進出。「勝利は満足感をもたらし、モチベーションとなります。ものごとが悪く進むとき、高いモチベーションを維持することは大変難しいです。マルクの連勝により、誰もがモチベーションを高め、トップに進出することを望みます」と、厳しいレースが控えていることを覚悟した。

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising