フリー走行2:エスパルガロ兄が今季4度目の初日総合1番手

TT Assen MotoGP FP2 Espargaro
Thursday, 26 June 2014

ランク7位のエスパルガロ兄が、フリー走行1で2番手だった後、フリー走行2でサーキットベストラップを更新して今季7度目の1番時計。カタール、ヘレス、バルセロナに続き、今季4度目の初日総合1番手に進出すれば、ポイントリーダーのマルケス、ランク3位のペドロサ、ランク4位のロレンソが続き、ランク2位のロッシは7番手。ランク15位の青山は16番手だった。

第8戦TTアッセンのフリー走行2は26日、TTアッセン・サーキットで行われ、ランク7位のアレックス・エスパルガロが今季7度目のトップタイムをマーク。2戦連続4度目の初日総合1番手に進出した。

気温22度。路面温度39度のドライコンディションの中、フリー走行1で2番手だったエスパルガロ兄は、4度のコースインで17ラップを周回すると、1分34秒台を4回、1分33秒台を1回記録。サーキットベストラップ(1分33秒713)を0.060秒更新する1分33秒653の1番時計を刻んだ。

午前のプラクティスで4番手だったマルク・マルケス、3度のコースインで19ラップを周回すると、1分34秒台を8回、1分33秒台を最多の2回記録して、0.211秒差の2番手。

週末最初のプラクティスで8番手だったダニ・ペドロサは、3度のコースインで20ラップを周回すると、1分34秒台を最多の12回記録して、0.416秒差の3番手。

フリー走行1で3番手だったホルヘ・ロレンソは、3度のコースインで19ラップを周回すると、1分34秒台を最多の12回記録して、0.495秒差の4番手。

フリー走行1で11番手だったアンドレア・イアンノーネは、2度のコースインで最多の24ラップを周回すると、1分35秒台を9回、1分34秒台を3回記録して、0.624秒差の4番手に浮上。

フリー走行1で5番手だったブラドリー・スミスは、4度のコースインで20ラップを周回すると、1分34秒台を7回記録して、0.633秒差の6番手。

フリー走行1で6番手だったバレンティーノ・ロッシは、3度のコースインで21ラップを周回すると、1分34秒台を9回記録して、0.633秒差の7番手。

フルー走行1で1番手に進出したポル・エスパルガロ、ステファン・ブラドル、アンドレア・ドビツィオーソがトップ10入り。アルバロ・バウティスタ、スコット・レディング、カル・クラッチローが続いた。

フリー走行1で17番手だった青山博一は、3度のコースインで20ラップを周回すると、1分36秒台を8回、1分35秒台を2回記録して、2.134秒差の16番手だった。

リザルト

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising