公式予選:エスパルガロ兄が通算150戦目で初のポールポジション

TT Assen MotoGP Q2 Espargaro
Friday, 27 June 2014

公式予選2の開始と同時に雨が降り始め、最初のタイムアタックでトップタイムをマークしたエスパルガロ兄が、キャリア初のポールポジションを獲得。オープンオプションがファクトリーオプションに初めて競り勝てば、マルケスとペドロサが1列目を確保。ロレンソとロッシは9番手と12番手。青山は明日の決勝レースを5列目14番グリッドから迎える。

第8戦TTアッセンの公式予選は27日、TTアッセン・サーキットで行われ、ランク7位のアレックス・エスパルガロがトップタイムをマーク。通算150戦目で初のポールポジションを獲得した。

気温20度。路面温度26度。タイムセッション開始と同時に雨が降り始めたウェットコンディションの中、フリー走行2で今季7度目の1番時計を刻んで、開幕戦カタールGP以来となるフリー走行総合1番手に進出したエスパルガロ兄は、フリー走行4で1分34秒台を6回記録して、0.696秒差の5番手。公式予選2では、最初のタイムアタックで1分38秒789の1番時計を刻み、2012年から始まったCRTを含めて、オープンオプションで初めてトップグリッドを獲得した。

初日総合2番手のマルク・マルケスは、フリー走行4で1分34秒台を2回、1分33秒台を6回記録。サーットベストラップ(1分33秒653)を更新する1分33秒462の1番時計を刻むと、公式予選2では1.405秒差の2番手に入り、開幕から8戦連続の1列目を確保。

初日総合3番手のダニ・ペドロサは、フリー走行4で1分34秒台を7回記録して、0.891秒差の6番手。公式予選2では1.943秒差の3番手に入り、2戦連続5度目の1列目に進出。

初日総合5番手のアンドレア・イアンノーネは、フリー走行4で8番手だった後、1.997秒差の4番手に入り、昨年ポールポジションから3位表彰台を獲得した初日総合13番手のカル・クラッチローは、今季5度目の公式予選1で2番手、公式予選2で5番手に入り、今季の最高位に進出。

初日総合6番手のブラドリー・スミスは6番手。初日総合10番手のアンドレア・ドビツィオーソ、初日総合9番手のステファン・ブラドルが続き、初日総合4番手のホルヘ・ロレンソは、フリー走行4で1分34秒台を9回、1分33秒台を1回記録して、0.400秒差の3番手。公式予選2では、3.479秒差の9番手。

フリー走行3で2番手に進出した初日総合11番手のアルバロ・バウティスタは、今季5度目の公式予選1で1番手、公式予選2で10番手。フリー走行1で最高峰クラスに進出してから初めて1番時計を刻んだ初日総合8番手のポル・エスパルガロは、フリー走行4で4番手、公式予選2で11番手。

フリー走行3で昨年9月の第14戦アラゴンGP以来今季初めての1番時計を刻んだ初日総合7番手のバレンティーノ・ロッシは、フリー走行4で1分34秒台を9回、1分33秒台を1回記録して、0.398秒差の2番手。公式予選2では、4.836秒差の12番手。

初日総合16番手の青山博一は、フリー走行4で1分36秒台を6回、1分35秒台を2回記録して、2.464秒差の14番手。公式予選1では4番手で、明日の決勝レースを5列目14番グリッドから迎える。

リザルト

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising