オフィシャルテスト1日目:J.ミラーが快走の1番手発進

Test Jerez Day1 Moto3 Report
Tuesday, 18 February 2014

移籍後初テストを実施したヘレスに戻って来たミラーが、最速リズムを刻んで、初日1番手発進。ビニャーレス、ケント、アントネッリ、フェナティが続き、ホンダ勢ではバスケスが最高位の6番手。リンスは右手首を手術したことから、テストを欠場した。

軽量級のオフィシャルテストは18日、第4戦スペインGPの開催地、ヘレス・サーキットでスタート。先週リカルド・トルモ・サーキットで開催された今年初のオフィシャルテストで総合2番手だったジャック・ミラーが、トップタイムをマークした。

昨年11月に移籍後初のテストを実施した当地で、ミラーは連続4番手だった後のセッション3で1分47秒台を7回、1分46秒台を1回記録。1分46秒975の1番時計を刻んで、初日を制した。

今年初テストで総合5番手だったイサック・ビニャーレスは、0.008秒差の2番手に浮上すれば、総合3番手のダニー・ケントは、3番手を維持。総合1番手のニッコロ・アントネッリは、セッション2を制して4番手。2年前に当地で初優勝を飾ったロマーノ・フェナティがトップ5に進出した。

オフィシャルテスト1日目: 1分46秒975 (J.ミラー)
サーキットレコードラップ: 1分46秒948 (2013年-L.サロン)
サーキットベストラップ: 1分46秒660 (2013年-A.リンス)

オフィシャルテストリザルト

TAGS 2014 Jerez Circuit

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising