オフィシャルテスト3日目:J.ミラーが2日間連続の1番時計を記録

Test Jerez Moto3 Final Day
Thursday, 13 March 2014

2日目総合1番手のミラーが2度のセッションを制して、3週間のオフィシャルテストに引き続いて、総合1番手に進出すれば、総合11番手だったマルケスが、ライバルたちを圧倒する最速リズムで周回を重ねて、総合2番手に浮上。ハニカ、コーンフィール、バスケスが続いた。

軽量級のオフィシャルテスト3日目、最終日は13日、第4戦スペインGPの開催地、ヘレス・サーキットで行われ、ジャック・ミラーがトップタイムをマーク。総合1番手を維持した。

2日目総合1番手のミラーは、11時20分から12時30分までのセッション7で1番手、14時から15時10分までのセッション8で7番手、16時50分から18時までのセッション9で1番手。1分46秒台を9回記録して、1分326の1番時計。2日目のセッション6で刻んだ1分46秒259で、3週間前に当地で開催されたオフィシャルテストに続いて、総合1番手を維持した。

2日目総合11番手のアレックス・マルケスは、最初のセッションから1分46秒台を連発。最多の24回記録して、0.100秒差の総合2番手に浮上した。

2日目総合17番手のカレル・ハニカは、最初のセッションで1分46秒台を1回記録して、0.122秒差の総合3番手に進出すれば、連続16ラップを実行したヤコブ・コーンフィール、エフレン・バスケス、ジョン・マックフィー、ダニー・ケント、イサック・ビニャーレス、ロマーノ・フェナティ、ミゲール・オリベイラがトップ10入りした。

アレックス・リンスは、0.435秒差の11番手。ニッコロ・アントネッリは、0.581秒差の14番手だった。

オフィシャルテスト3日目
セッション7: 1分46秒326 (J.ミラー)
セッション8: 1分46秒359 (A.マルケス)
セッション9: 1分46秒348 (J.ミラー)

オフィシャルテスト1日目: 1分47秒242 (R.フェナティ)
オフィシャルテスト2日目: 1分46秒259 (J.ミラー)

オフィシャルテストベストラップ: 1分46秒046 (J.ミラー)
サーキットレコードラップ: 1分46秒948 (2013年-L.サロン)
サーキットベストラップ: 1分46秒660 (2013年-A.リンス)

オフィシャルテストリザルト

TAGS 2014

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising