オフィシャルテスト3日目:E.ラバットが総合1番手/M.ビニャーレスが最後に1番時計を記録

Moto2™ is powered by
Test Valencia Day3 Moto2 Report
Thursday, 13 February 2014

2日目総合1番手のラバットは、4番手に後退したが2日目のラップタイムで総合1番手を維持。軽量級王者のビニャーレスが最終日に1番手に浮上。総合の2番手に進出すれば、中上、ルティ、コルテセがトップ5入り。カリオが連続27ラップのレースシミュレーションを実行した。

中量級のオフィシャルテスト3日目、最終日は13日、最終戦バレンシアGPの開催地、リカルド・トルモ・サーキットで行われ、2013年Moto3™クラス王者のマーベリック・ビニャーレスがトップタイムをマーク。2013年ランク3位のエステベ・ラバットが総合1番手を維持した。

2日目総合6番手のビニャーレスは、連続7番手に進出した後、15時10分から17時00分までの合同セッションで1分35秒台を4回記録して、1分35秒302の1番時計。3日間総合で0.147秒差の2番手に浮上した。

2日目総合8番手の中上貴晶は、6番手、2番手、2番手。合計68ラップを周回すると、1分35秒台10回記録して、0.035秒差の2番手。3日間総合では、0.182秒差の3番手に進出した。

2日目総合2番手のトーマス・ルティは、10時00分から12時40分までの合同セッションと14時00分から1時間の単独セッションで、1分35秒427と1分35秒422の1番時計。1分35秒台を最多の14回記録して、0.120秒差の3番手、3日間総合では0.267秒差の4番手だった。

2日目総合1番手のラバットは、最初のセッションで2番手に進出した後、単独セッションで1分35秒台を11回記録。連続15ラップのロングランを実行して、テストを締め括り、3日目は0.255番手だったが、2日目のラップタイムで総合1番手を維持した。

2日目総合3番手のミカ・カリオは、最初のセッションで3番手に進出した後、単独セッションで唯一レースシミュレーションを実行。レース周回数と同じ連続27ラップを周回すると、1分36秒台を連続26回記録して、テストを終了。3日間総合で0.535秒差の7番手だった。

2日間連続の31番手だった長島哲太は、31番手、31番手、26番手。合計79ラップを周回すると、3日間総合で3.760秒差の31番手。初テストを終えた。

今年初のオフィシャルテストに参加した31名は、イベリア半島を南下して、第4戦スペインGPの開催地、ヘレス・サーキットに移動。負傷により欠場したチャビエル・シメオンとバイクの準備が遅れたシモーネ・コルシ、マティア・パシーニの3名が合流して、5日後の18日から3日間のオフィシャルテストを実施する。

オフィシャルテスト1日目: 1分36秒206 (M.カリオ)
オフィシャルテスト2日目: 1分35秒155 (E.ラバット)
オフィシャルテスト3日目: 1分35秒302 (M.ビニャーレス)

サーキットレコードラップ: 1分36秒611 (2010年-K.アブラハム)
サーキットベストラップ: 1分34秒957 (2013年-P.エスパルガロ)

オフィシャルテストリザルト

TAGS 2014

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
続きを読む »
Advertising