ヤマハ&ロッシ、2015年から2年間の契約更新に合意

Yamaha and Valentino Rossi set to continue with two-year contract extension
Wednesday, 2 July 2014

来季の就任先に注目が集まっていたロッシが、契約更新を熱望していたヤマハとの間で2年契約に関して合意。2016年末まで、ヤマハM1を走らせることが決まった。

ヤマハ発動機は2日、バレンティーノ・ロッシとの間で、契約更新に関して合意したことを発表。2015年から2年間、ヤマハのファクトリーチーム、モビスター・ヤマハ・MotoGPから継続参戦することが決まった。

最高峰クラスで2連覇を達成した後、ヤマハに移籍した2004年から2010年まで、7年間で4度のタイトル獲得に成功したロッシは、2012年8月10日、古巣に復帰するために、2013年から2年間の契約を結ぶと、2年目の今年は、プレシーズンから延長契約が結べるように、特に序盤戦で好成績を挙げることを強調すると、シーズン8戦目を終えて、5度の表彰台を獲得、ランク2位に進出。

「ヤマハと一緒にMotoGP™クラスに参戦するため、新たに契約を結び、そのことを発表できることがとても嬉しい。この発表を大変誇りに思う。僕のキャリアでほぼ一緒に歩んで来た日本と欧州のスタッフたちと一緒に働くことが楽しく充実しているから、僕にとって今回の契約は非常に重要で、僕の目標にしていた。」

「長年愛して来た僕のM1で走り続けることは幸せ。今年、そして来年からも愛するM1で走り続ける。みんなに心から感謝を伝えたい。上位進出に向けて全力を尽くし続けて、グッドなレースをしよう」と、延長契約の喜びを語った。

ヤマハ・モーターレーシング・マネージングダイレクターのリン・ジャービスは、「バレンティーノと2015年と2016年の契約を更新することが決まり、大変嬉しく思います。2013年のヤマハ復帰以来、彼と共に仕事をしてきた全ての関係者にとっては、大変良い経験になりました。ホームから離れた困難な2年間の後、彼は昨年我々、そして愛するM1のもとに戻って来ました。世界中のレースファンは、彼の戦闘的なパフォーマンスを再発見し、レースを楽しんでいる彼の姿を目の当たりにして、大変喜んでいます。」

「バレンティーノにとって、『エンターテイメント』は、リザルトを獲得するために極めて重要な要因です。事実、2004年に初めてヤマハに移籍した当時、移籍を決断する最も重要な動機の1つは、レースを楽しめる環境作りでした。彼は心から楽しんでいることは、MotoGP™のイベントで彼に会った誰もが、またはテレビでレースを観戦した誰もが実感し、ランク2位に進出する今年の素晴らしい成績に反映されています。」

「我々はこれからの2年半を一緒に楽しみ、バレンティーノがキャリアの末まで、その後もヤマハに残ることを期待します」と、2016年末以降も継続起用する意向を語った。

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising