ヤマハ発動機が『グローバルレーシングプログラム』をマレーシアで発表

Tuesday, 4 February 2014

ヤマハ発動機がオフィシャルテスト初日終了後、セパン・インターナショナル・サーキット近郊のホテルで、モータースポーツへの挑戦による感動の提供を目指して、プレス発表会を開催。『ブランディング』、『技術のフィードバック』、『普及活動』の3つのテーマをグローバルに展開して行く方針を説明した。

ヤマハ発動機は4日、マレーシアのセパン・インターナショナル・サーキット近郊のクアラルンプール国際空港内のホテルで、『2014年ヤマハ・モータースポーツ・プレスカンファレンス』を実施。モータースポーツ活動の位置付けと新たな基本方針、2014年シーズンの参戦レースとチーム体制を発表した。

オフィシャルテスト初日を終えたヤマハ・ファクトリー・レーシング・チームのホルヘ・ロレンソとバレンティーノ・ロッシ、モンスター・ヤマハ・テック3のブラドリー・スミスとポル・エスパルガロが出席。

活性化の一環として、コンストラクター育成を目的としたYZR-M1エンジンの貸与を受けるNGM・モバイル・フォワード・レーシングのコーリン・エドワーズとアレックス・エスパルガロがゲストとして登壇した。

代表取締役執行役員の木村隆昭は、「モータースポーツは当社のDNAであり、半世紀以上に渡って挑戦し続けた企業文化です。また、ブランドスローガン『Revs your Heart』をダイレクトに具現化する活動です。」

「活動の基本方針は、『ブランディング』、『技術のフィードバック』、『普及活動』の3つのテーマをグローバルに遂行していくことです。そのために世界最高峰のレースで輝き、世界中のファンと感動を共有すること、また、各国の現地法人と連携した普及活動・環境整備を進め、次世代の人材育成ための機会提供と、さらなる高みを目指せるステップアップ構造を構築していきます。モータースポーツを通して、『Rev*』を提供する当社のチャレンジにご期待ください」と、説明した。

Rev*は、エンジン回転を上げる、わくわくさせる、高ぶらせるの意味。

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising