マプフレ・アスパルがプレイベートテスト~J.トーレスがサーキットベストラップを突破

Moto2™ is powered by
Thursday, 6 February 2014

11日からのオフィシャルテストを前に、マプフレ・アスパルのテロール、トーレス、グエバラが、バレンシアで2日間のプライベートテストを実施。フル参戦2年目のトーレスが、非公式ながらサーキットベストラップを更新した。

マプフレ・アスパルは6日、バレンシアのリカルド・トルモ・サーキットで実施した2日間のプライベートテストを終了。ニコラス・テロール、ジョルディ・トーレス、軽量級に起用するフアンフラン・グエバラの3人が、来週11日から当地で開催される今年初のオフィシャルテストに向けて準備を進めた。

比較的好天候に恵まれた中、昨年11月の最終戦バレンシアGPで3番グリッドから2位を獲得したトーレスは、2014年型のシューターを走らせると、サーキットベストラップ(1分34秒957)を非公式ながら更新する1分34秒90を記録。

「幾つかのことを試して、その多くのことが大変生産的だった。僕たちの変更が適切だったことが証明され、結果は最高だった。ニューシャーシは大きなポテンシャルがあり、上手く適応している。大変安定して速く走れた。グレートなラップタイムだ。今回収集したデータを基に、この調子で来週も仕事を続けたい」と、手応えの好発進となったことを説明。

地元で6番グリッドから優勝を挙げたテロールは、公式予選のタイムを更新する1分35秒30を記録。「初日よりフィーリングが良くなった。それほど酸欠を感じていない。昨年型と比較するために新型を走らせた。これから進むべき道のりは長いけど、ニューシャーシは良い感触を与えてくれる」と、好印象を語った。

チームメイトのエリック・グラナドがチーム・カルボにレンタル移籍したことから、1人体制となったグエバラは、KTMエンジンを搭載するカレックスを使用。ライディングポジションの調整に専念して、公式予選のラップタイムを更新する1分41秒30を記録した。

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
続きを読む »
Advertising