プラマック・レーシングがオープンクラスへの参戦に向けて、Y.エルナンデェスを起用

Monday, 11 November 2013

スピースの負傷代役として、終盤5戦に起用したエルナンデェスの継続起用を決断したプラマック・レーシングは、ドゥカティ・コルセが準備するマニエッティ・マレリの電子制御を搭載したデスモセディチGPで、サブカテゴリーのオープンクラスに参戦する。

プラマック・レーシングは11日、ベン・スピースの負傷代役として第14戦アラゴンGPから終盤5戦に起用したヨニー・エルナンデェスとの間で、2014年シーズンに関して合意したことを発表。サブカテゴリーのオープンクラスに参戦する。

チームマネージャーのフランセスコ・グイドッティは、「今回の合意に興奮しています。ヨニーは、直ぐにチームとドゥカティへの信頼感を示してくれました。グレートなポテンシャルを具えていますが、経験が少ないです。」

「このポテンシャルを好成績に反映できるように全ての手段で取り組みましょう。長く厳しい仕事が控えていますが、この目標を達成できることを期待します」と、チームとの信頼関係と存在能力が継続起用の決め手となったことを説明。

希望していた継続参戦が決定した25歳のコロンビア人ライダーは、「プラマック・レーシングから継続できることがすごく嬉しい。グレートなチャンスだ。オープンビジョンのバイクを早く乗りたい。」

「最高峰クラスに参戦する最初のコロンビア人ということに誇りを感じる。一生懸命に働かないと。そのことは覚悟しているけど、オープンカテゴリーは大変興味深い。このアバンチュールを可能にしてくれたプラマック・レーシング、ドゥカティ、全ての人に感謝したい」と、新たな挑戦に向けて興奮した。

TAGS 2013

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising