M.ディメッリオ、アビンティア・ブルセンスとの合意まで秒読み

Thursday, 21 November 2013

最終戦後のオフィシャルテストで、約11週間ぶりにディ・メッリオが骨盤の骨折から復帰。契約交渉中のアビンティア・ブルセンスからカワサキエンジンを搭載したFTRで2度のテストを実施。月末には、契約を締結して、ヘレスで3度目のテストを迎える。

アビンティア・ブルセンスから2014年シーズンへの参加が予定されているマイク・ディ・メッリオは、現在契約の詳細を詰め、近日中に合意することを説明。負傷からの回復状態、テストデビュー、最高峰クラス初挑戦に関して語った。

第11戦チェコGPで骨盤を骨折してから、先週約11週間ぶりにトラックに戻って来たけど、回復具合はどうだい?テストでの体調はどうだったかい?
負傷に関して、痛みはなかった。転倒には十分に気をつける必要があったけど、今は大丈夫。テストは正直言って厳しかった。1ヶ月半の完全休養が必要で、3ヶ月もバイクに乗っていなかったし、トレーニングもできなかった。体調面は厳しく、左コーナーが多いバレンシアは、フィジカルの負担が大きいから、3、4ラップ以上の連続周回ができなかった。

テストは、体調を確認する状況だったと言うことか?
バレンシアは困難で、結果は僕がどこから来たのかを明白に表したものだった。他のライダーたちから大きく離されてしまったけど、短い周回数の連続では、評価が難しい。

アラゴンでは、だいぶ良くなった。バレンシアの時よりも、周回を重ねることができた。ライディングを学習して、MotoGPマシンに適応し始めることができた。ライディングに進歩があったから嬉しい。もっと上手くやれたと思うけど、体調面で限界があった。来週のヘレスでは、もっとテストができなければいけない。100%ではないけど、アラゴンよりも良いだろう。体調面を取り戻すために、この冬にきちんとトレーニングを積むことが重要だ。

カワサキエンジンを搭載したFTRの感想は?
気に入った。昨年のブルノで試す機会があり、その当時から進歩していた。フィーリングが嬉しい。

チームとの交渉状況は?
詳細を詰めているところ。来週には契約を交わせるだろう。

最高峰クラスの1年目。キャリアの新しい時代に対して、どのように立ち向かうつもりかい?
バレンシアとアラゴンの合計4日間の仕事に満足。大変プロフェショナルなチームが僕を支えてくれる。ニューシャーシのレスポンスを確認しよう。この冬の間には、ある程度のテスト数がある。進歩して行き、シーズンを通じて、チームメイトと他のライダーたちに接近しよう。他のバイクとの比較をしなければいけないけど、可能な限り上位に進出するには、他のことを気にせず、自分自身と闘わなければいけない。

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising