スペイン首相が3人の王者を首相官邸に招待

Thursday, 21 November 2013

スペイン首相のマリアーノ・ラホイが、史上最年少の20歳で最高峰クラスの王者に輝いたマルケス、第17戦日本GPでタイトル獲得に成功した22歳のエスパルガロ弟、最終戦バレンシアGPで優勝して逆転でチャンピオンを獲得した18歳のビニャーレスを首相官邸に招き、栄光の裏の「献身、努力、仕事」を称賛した。

スペイン首相のマリアーノ・ラホイ・ブレイは21日、首相官邸、モンクロア宮殿に3人のスペイン人王者、MotoGP™クラス王者のマルク・マルケス、Moto2™クラス王者のポル・エスパルガロ、Moto3™クラス王者のマーベリック・ビニャーレスを招待。祝福の言葉を送った。

3クラス完全制覇を達成した3人のヤングライダーに対して、「特別な成功を収めた1年。本当に素晴らしいことです。君たちの献身、努力、仕事のおかげで、君たちの優勝を観るために、日曜の自由時間を捧げた数千万人の国民が幸せになりました。」

「絶対的に乗り越えられないことでした。君たちは国民の模範です。スペインはスポーツ界において大変素晴らしい成功を収めていますが、その背景に努力と仕事があります。時々、勝利はその勝利しかテレビでは映りませんが、その背景には大変な犠牲があります」と、栄光の裏の努力を称賛。

3人の王者と共に出席したレプソル・ホンダのチーム代表リビオ・スポット、マルケスのパーソナルマネージャーを務めるエミリオ・アルサモーラ、トゥエティ・HP・40のチームマネージャー、シト・ポンス、チーム・カルボのチームマネージャー、パブロ・ニエト、スペイン連盟の会長アンヘル・ビラドマス、ドルナスポーツの最高経営責任者カルメロ・エスペレータには、「価値観に加えて経済的な問題がありますが、経営陣に対しても感謝の意を表します。これはチームの勝利です。決して1人では何もできないことを理解しています」と、祝福の言葉を送った。

TAGS 2014

ビデオ:

See all videos for this event

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
続きを読む »
Advertising