初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

KTM、最高峰クラス進出の選択肢を検討

ドイツの専門紙SPEED WEEK(スピードウィーク)は、2017年に最高峰クラス参戦を目指すオーストリアのファクトリー、KTMがファクトリーチームとして参戦するか、既に参戦するプライベートチームと提携を結ぶか、可能性を検討していることを報じた。

取材に応じたスポーティンディレクターのピット・バイラーは、「関心を持つチームの代表者との間で交渉を継続します。2017年からの参戦を計画していることから、数ヶ月以内に決断を下すことはありません」と、状況を説明した上で、レッドブル、WPと共に強力な提携関係にあり、2015年から中量級に初参戦するアジョ・モータースポーツが有力候補であることを示唆した。

Tags:
MotoGP, 2015

Other updates you may be interested in ›

motogp.com

2 years ago

L.ダリーニャ、デスモセディチGP15の開発とオフィシャルテストの目的を説明

motogp.com

2 years ago

プラマック、Y.エルナンデェスの活躍に期待大

motogp.com

2 years ago

HRC、元王者ストーナーとのテスト協力を継続

motogp.com

2 years ago

ドゥカティ、初テストにデスモセディチGP14.3を投入