Tickets purchase
VideoPass purchase

オフィシャルテスト1日目:2014年王者M.マルケスが1番手発進

オフィシャルテスト1日目:2014年王者M.マルケスが1番手発進

2ヶ月間のテスト禁止期間を経て、今年もセパンからオフィシャルテストが開始。タイトル防衛に挑戦する王者マルケスが最速時計を記録すれば、ランク2位のロッシが最速リズムで周回を重ねて2番手に進出。ロレンソ、ドビツィオーソ、ペドロサ、エスパルガロ弟、イアンノーネが続き、オープンオプションではブラドルが8番手に進出した。

最高峰クラスのオフィシャルテストは4日、第17戦マレーシアGPの開催地、セパン・インターナショナル・サーキットで始まり、2014年王者として最高峰クラス3年目を迎えるマルク・マルケスがトップタイムをマークした。

先月トレーニング中に左肩を脱臼して欠場を強いられたヨニー・エルナンデェスを除く、24名のレギュラーライダーに6名のテストライダーが加わった合計30名のMotoGP™ライダーたちが、トラックオープンの10時と同時に走行を開始。18時までテストが実施された。

昨年最初のオフィシャルテストで3日間連続の1番時計で総合1番手、昨年最後のオフィシャルテストで総合1番手に進出したマルケスは、12度のコースインで63ラップを周回すると、2分01秒台を15回、2分00秒台を1回記録。11月の第17戦マレーシアGP決勝レースで記録したサーキットレコードラップ(2分01秒150)を上回る2分00秒262の1番時計を刻んだ。

昨年11月のオフィシャルテストで総合4番手だったダニ・ペドロサは、チームメイト共に2014年型のRC213Vからテストを始めて、10度のコースインで45ラップを周回すると、2分01秒台を13回、2分00秒台を1回記録して、0.483秒差の5番手。

昨年11月のオフィシャルテストで総合6番手だったバレンティーノ・ロッシは、12度のコースインで57ラップを周回すると、2分01秒台を最多の23回、2分00秒台を最多の2回記録して、昨年のレースウィーク中に記録したベストラップ(2分00秒740)を上回る2分00秒380を刻み、0.118秒差の2番手に進出。

11月のオフィシャルテストで総合2番手だったホルヘ・ロレンソは、チームメイトと共に新たなエキゾーストシステムを搭載したM1を走らせて、13度のコースインで55ラップを周回。2分01秒台を21回、2分00秒台を1回記録して、0.259秒差の3番手。

11月のオフィシャルテストで総合8番手だったアンドレア・ドビツィオーソは、昨季終盤に使用したデスモセディチGP14.2の進化型GP14.3を走らせ、10度のコースインで41ラップを周回。2分01秒台を11回、2分00秒台を1回記録して、0.355秒差の4番手に進出すれば、アンドレア・イアンノーネは、12度のコースインで59ラップを周回して、2分01秒台を8回記録。1.162秒差の7番手だった。

先週当地で実施したプライベートテストで新車をシェイクダウンさせたスズキは、アレイシ・エスパルガロが2分03秒台を7回、2分02秒台を7回記録して、1.963秒差の14番手に進出すれば、マーベリック・ビニャーレスは、2分03秒台を10回記録して、2.902秒差の21番手。

11月下旬にヘレス・サーキットで実施したプライベートテストの際に投入したニューマチックバルブエンジンを準備したアプリリアは、アルバロ・バウティスタが2分03秒台を9回、2分02秒台を8回記録して、2.023秒差の15番手。マルコ・メランドリは2分04秒台を4回記録して、4.240秒差の26番手。

サテライト勢の最高位は、11月のオフィシャルテストで総合3番手に進出したポル・エスパルガロ。11度のコースインで55ラップを周回すると、2分01秒台を8回、2分00秒台を1回記録して、0.668秒差の6番手に進出。

オープンオプション勢の最高位は、11月のオフィシャルテストで総合16番手だったステファン・ブラドル。13度のコースインで58ラップを周回すると、2分02秒台を6回、2分01秒台を2回記録して、1.294秒差の8番手に進出。

新人勢の最高位は、11月下旬に当地で3日間のプライベートテストを実施したジャック・ミラー。ライディングスタイルを合わせることに集中して、16度のコースインで59ラップを周回すると、2分03秒台を8回、2分02秒台を1回記録。前回の2分02秒9を更新する2分02秒807を刻んで、2.545秒差の19番手だった。

各ファクトリーのテストライダーたちは、4日間のテストを開始。HRCの青山博一と高橋巧、ヤマハの中須賀克行、ドゥカティのミケーレ・ピロ、スズキの津田拓也、アプリリアのマイケル・ラバティがブリヂストンタイヤを装着して、テストプログラムに取り組んだ。

オフィシャルテスト1日目トップタイム: 2分00秒262 (M.マルケス)
サーキットレコードラップ: 2分01秒150 (2014年‐M.マルケス)
サーキットベストラップ: 1分59秒791 (2014年‐M.マルケス)

Tags:
MotoGP, 2015, SEPANG MOTOGP™ OFFICIAL TEST, Marc Marquez, Repsol Honda Team, Sepang

Other updates you may be interested in ›

motogp.com

2 years ago

レプソル・ホンダのマルケスが1番手発進、ペドロサは5番手

@MotoGP

2 years ago

@petrux9 keeping up to date with @motogp. or seeing his Candy Crush record being beaten!

motogp.com
モビスター・ヤマハのロッシ&ロレンソが初日2‐3番手

2 years ago

モビスター・ヤマハのロッシ&ロレンソが初日2‐3番手

motogp.com

2 years ago

ドゥカティのドビツィオーソとイアンノーネは昨年のタイムを更新して4番手と7番手に進出

motogp.com
今年最初のオフィシャルテストが4日からセパンで開催

2 years ago

今年最初のオフィシャルテストが4日からセパンで開催

motogp.com

2 years ago

A.バウティスタ:「2016年に向けて今年は開発のシーズン」

motogp.com

2 years ago

フォワード・レーシングが恒例の冬季合宿

motogp.com
レプソル・ホンダのマルケス&ペドロサがバリ島で2015年型を公開

2 years ago

レプソル・ホンダのマルケス&ペドロサがバリ島で2015年型を公開

motogp.com

2 years ago

元王者ストーナーがセパンでプライベートテスト

motogp.com

2 years ago

S.ブラドル:「目標はトップ10進出」

motogp.com

2 years ago

V.ロッシ:「4人のよるグッドなバトルとなるだろう」

motogp.com

2 years ago

C.クラッチロー:「いつものように初テストはステップ・バイ・ステップで」

motogp.com

2 years ago

J.ロレンソ:「昨年犯したミスを繰り返したくない」

motogp.com

2 years ago

E.ポンチャラル:「継続が結果をもたらします」

motogp.com
モビスター・ヤマハが2015年プロジェクトを発表

2 years ago

モビスター・ヤマハが2015年プロジェクトを発表

motogp.com

2 years ago

D.エガーターがアキラのプロトタイプマシンをテスト

motogp.com

2 years ago

レイニー:「電子制御の有無に関係なく、ベストライダーは常に勝ちます」