初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

モビスター・ヤマハが2015年プロジェクトを発表

モビスター・ヤマハが2015年プロジェクトを発表

ヤマハのファクトリーチームが、昨年3月に2014年から5年間のパートナーシップを結んだテレフォニカ社が所有するオーディトリアムで2015年プロジェクトを発表。タイトル奪回を目指すヤマハの両雄、2014年ランク2位のロッシとランク3位のロレンソが2015年型のYZR‐M1を披露した

モビスター・ヤマハ・MotoGPは28日、スペインの首都マドリードに位置するメインスポンサー、テレフォニカ・エスパーニャ社が所有するオー ディトリアムで2015年プロジェクトを発表。2月4日からのオフィシャルテストを控えたバレンティーノ・ロッシとホルヘ・ロレンソ、ヤマハ発動機技術本 部MS開発部長の辻幸一、ヤマハ・モーター・レーシング・マネージングダイレクターのリン・ジャービス、チームディレクターのマッシモ・メレガリ、テレ フォニカ・エスパーニャ社長のルイス・ミゲル・ヒルペレスが2015年型のYZR‐M1を披露した。

タイトル奪回を目指すヤマハの ジャービスは、「2014年は我々の協力関係のスタートとして、大変良い1年目を楽しみました。今年はマドリードのテレフォニカ社で我々のバイクを発表す ることを決めました。ここから新たなシーズン、新たなアバンチュールが始まります。M1のカウルにデザインされたモビスターのMは、今年さらに大きくな り、我々との間でさらに大きな結束を表現します。」

「2人の世界最高のライダー、2人のグレートなライダーであるバレンティーノ・ロッシと ホルヘ・ロレンソを再度起用します。両雄はレースにおける優勝、チャンピオンシップにおけるタイトル獲得という目標を追求します。ファクトリーライダーと しての約束により、我々のバイクをさらに戦闘的にしてくれると確信します。」

「ヤマハ発動機とモビスター・ヤマハ・MotoGPは我々の共通する目標の達成に向けて、全力を尽くして必要な支援を我々のライダーたちに保証します。新たなシーズンのスタートが待ち切れません。優勝に向けて準備ができています」と、2015年シーズンの抱負を語った。

Tags:
MotoGP, 2015, Valentino Rossi, Jorge Lorenzo, Movistar Yamaha MotoGP

Other updates you may be interested in ›

motogp.com

2 years ago

D.エガーターがアキラのプロトタイプマシンをテスト

motogp.com

2 years ago

レイニー:「電子制御の有無に関係なく、ベストライダーは常に勝ちます」

motogp.com

2 years ago

エスパルガロ兄:「浜松で懸命な開発が進んでいる」

motogp.com

2 years ago

エスパルガロ弟:「目標はトップ5の維持」

motogp.com

2 years ago

Moto2™クラス王者ラバット:「100%全力で行く」

motogp.com

2 years ago

L.ダリーニャ、デスモセディチGP15の開発とオフィシャルテストの目的を説明

motogp.com

2 years ago

プラマック、Y.エルナンデェスの活躍に期待大

motogp.com

2 years ago

HRC、元王者ストーナーとのテスト協力を継続

motogp.com

2 years ago

ドゥカティ、初テストにデスモセディチGP14.3を投入