初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

今年最初のオフィシャルテストが4日からセパンで開催

今年最初のオフィシャルテストが4日からセパンで開催

3クラスの先陣を切って、最高峰クラスが今年もマレーシアのセパンでテストを開始。2ヶ月間のテスト禁止期間を経て、2015年シーズンにエントリーする14チーム、25名のMotoGP™ライダーたちが7週間後の開幕戦カタールGPに向けて本格的な準備を開始する。

最高峰クラスは、4日から3日間、第17戦マレーシアGPの開催地、セパン・インターナショナル・サーキットで今年最初のオフィシャルテストを実 施。4日目の7日には、ファクトリーのテストライダーたちが2016年からオフィシャルタイヤサプライヤーとしてタイヤの供給が決定しているミシュランの タイヤテストを実施する。

昨年11月、最終戦バレンシアGP後に実施したオフィシャルテスト以来、2ヶ月間のテスト禁止期間を経て、最高峰 クラスにエントリーする14チーム、25名のMotoGP™ライダーたちが集結。3月29日の開幕戦カタールGPに向けて、今年も3度目、合計9日間のテ ストを実施。

昨季3冠を達成したホンダのファクトリーチーム、レプソル・ホンダは1日、インドネシアのバリ島でチーム発表会を実施。昨年 11月のオフィシャルテストで総合1番手に進出した2014年王者のマルク・マルケスは、昨年最初のオフィシャルテストで1分59秒533の総合1番時計 を記録。10月の第17戦マレーシアGPでは、サーキットベストラップを更新した年間13度目のポールポジションからサーキットレコードラップも更新し て、年間12勝目を達成。ランク4位のダニ・ペドロサは、最高峰クラス10年目へのスタートを切る。

CWM・LCR・ホンダのジャック・ミ ラーは、昨年11月下旬に当地で3日間のプライベートテストを実施。キャリアで最高の経験と評価した一方で、12月上旬には右鎖骨に埋めていた固定プレー トとボルトを除去する手術を受けた。チームメイトのカル・クラッチローも11月に左鎖骨の固定プレートを除去する手術を受けた。

最高峰クラ スに初参戦するエストレージャ・ガルシア・0,0・マーク・VDSから最高峰クラス2年目を迎えるスコット・レディングは、昨年12月にバルセロナ市内で 開催されたダートトラックの大会、スーパープレステージに参加した際に胸骨を骨折したことから、フィジカルトレーニングを開始したのは1月の2週目から。 スーパーモタードとモトクロスを使用した集中トレーニングを積んで、当地に乗り込む。

ヤマハのファクトリーチーム、モビスター・ヤマハ・ MotoGPは、1月28日にスペインの首都マドリードでチーム発表会を実施。ランク2位のバレンティーノ・ロッシとランク3位のホルヘ・ロレンソがフィ ジカルトレーニングを積んで、万全な体調で今年最初のテストを迎えられることを強調。

モンスター・ヤマハ・テック3のポル・エスパルガロ は、昨年のオフィシャルテストで総合3番手に進出した後、10月の同グランプリで骨折した左足第2中足骨を手術。フィジカルトレーニングのスタートが遅れ たが、順調に回復し、チームメイトのブラドリー・スミスと共にファクトリー勢に挑戦。

2月16日にイタリア・ボローニャでチーム発表会を予 定するドゥカティのファクトリーチーム、ドゥカティ・チームのアンドレア・ドビツィオーソとアンドレア・イアンノーネは、デスモセディチGP14.3を使 用。デスモセディチGP15の開発に向けて、セットアップを検証する。

プラマック・レーシングは、デスモセディチGP14.2を使用するヨ ニー・エルナンデェスがトレーニング中に左肩を脱臼したことから欠場。ドゥカティのテストライダー、ミケーレ・ピロが代役に指名されれば、デスモセディチ GP14.1を使用して11月のオフィシャルテストで好走を見せたダニロ・ペトルッチが参戦4年目で初めて2月のテストに参加する。

最高峰 クラスに復帰するスズキのファクトリーチーム、チーム・スズキ・MotoGPのアレイシ・エスパルガロは、12月にダートトラックで走行中に損傷した左膝 の靭帯が順調に回復。マーベリック・ビニャーレスは最高峰クラス初挑戦に向けてトレーニングに集中して、マレーシアに乗り込む。

グレシー ニ・レーシングとコラボを結成したアプリリアのファクトリーチーム、アプリリア・レーシング・チーム・グレシーニのアルバロ・バウティスタとマルコ・メラ ンドリは、2015年を開発のシーズンに位置付けて、投入が予定されているニューマシンでテストを開始。テストライダーに就任したマイケル・ラバティのサ ポートを受ける。

ファクトリーオプションへの接近が期待されるオープンオプション。2014年型YZR-M1をベースとしたマシンを使用す るフォワード・レーシング、2014年型RC213VがベースとなるRC213V-RSが投入されるドライブ・M7・アスパルとカルディオン・AB・モー ターレーシング、ドゥカティのデスモセディチGP14が準備されたアビンティア・レーシングに注目。

オクト・イオダレーシング・チームから最高峰クラスに復帰するアレックス・デ・アンジェリスは、アプリリア製のオープンオプションマシン、ARTの使用が予定されている。

Tags:
MotoGP, 2015, SEPANG MOTOGP™ OFFICIAL TEST

Other updates you may be interested in ›

motogp.com

2 years ago

A.バウティスタ:「2016年に向けて今年は開発のシーズン」

motogp.com

2 years ago

フォワード・レーシングが恒例の冬季合宿

motogp.com
レプソル・ホンダのマルケス&ペドロサがバリ島で2015年型を公開

2 years ago

レプソル・ホンダのマルケス&ペドロサがバリ島で2015年型を公開

motogp.com

2 years ago

元王者ストーナーがセパンでプライベートテスト

motogp.com

2 years ago

S.ブラドル:「目標はトップ10進出」

motogp.com

2 years ago

V.ロッシ:「4人のよるグッドなバトルとなるだろう」

motogp.com

2 years ago

C.クラッチロー:「いつものように初テストはステップ・バイ・ステップで」

motogp.com

2 years ago

J.ロレンソ:「昨年犯したミスを繰り返したくない」

motogp.com

2 years ago

E.ポンチャラル:「継続が結果をもたらします」

motogp.com
モビスター・ヤマハが2015年プロジェクトを発表

2 years ago

モビスター・ヤマハが2015年プロジェクトを発表

motogp.com

2 years ago

D.エガーターがアキラのプロトタイプマシンをテスト

motogp.com

2 years ago

レイニー:「電子制御の有無に関係なく、ベストライダーは常に勝ちます」

motogp.com

2 years ago

エスパルガロ兄:「浜松で懸命な開発が進んでいる」

motogp.com

2 years ago

エスパルガロ弟:「目標はトップ5の維持」

motogp.com

2 years ago

Moto2™クラス王者ラバット:「100%全力で行く」

motogp.com

2 years ago

L.ダリーニャ、デスモセディチGP15の開発とオフィシャルテストの目的を説明