初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

オフィシャルテスト1日目:4年目のザルコが1番手に進出

オフィシャルテスト1日目:4年目のザルコが1番手に進出

2014年ランク6位のザルコが新規参戦のアジョ・モータースポーツからカレックスに乗り換えて、最速リズムで周回。

Moto2™クラスのオフィシャルテストは10日、最終戦バレンシアGPの開催地、リカルド・トルモ・サーキットで始まり、2014年ランク4位のヨハン・ザルコがトップタイムをマークした。

先週スペイン南部のアルメリア・サーキットでプライベートテストを実施して、当地に乗り込んで来たザルコは、11時10分から始まった最初のセッションで2番手、13時30分からの2度目のセッションで1番手、15時50分からの3度目のセッションで1番手進出。63ラップを周回すると1分35秒台を12回、1分34秒台を最多の4回記録して、非公式ながらサーキットレコードラップを更新する1分34秒754の1番時計を刻んだ。

フル参戦2年目のサム・ロスは、最初のセッションで1番手発進を決めると、2番手、4番手と上位を維持。70ラップを周回すると1分35秒台を16回記録して、0.352秒差の2番手。

アルメリア・サーキット経由で当地に入ったティト・ラバットは、48ラップを周回すると1分35秒台を最多の17回記録して、0.391秒差の3番手だったが、3度目の転倒を喫した際に前腕を切創した。

モーターランド・アラゴン経由で昨年優勝を挙げた当地に入ったトーマス・ルティは、0.440秒差の4番手。チャビエル・シメオン、アレックス・リンス、ルイス・サロン、フランコ・モリビデッリ、ジョナス・フォルガー、シモーネ・コルシがトップ10入り。

昨年最終戦で22番グリッドから14位に進出した当地からテストを開始した中上貴晶は、連続21ラップを含む79ラップを周回すると1分36秒台を12回記録して、1.702秒差の18番手だった。

オフィシャルテスト1日目トップタイム: 1分34秒754 (J.ザルコ)
サーキットレコードラップ: 1分35秒312 (2014年‐T.ルティ)
サーキットベストラップ: 1分34秒957 (2013年‐P.エスパルガロ)

Tags:
Moto2, 2015, VALENCIA MOTO2™ - MOTO3™ OFFICIAL TEST, Johann Zarco, Ajo Motorsport

Other updates you may be interested in ›

motogp.com
ミシュラン、2016年に向けて開発シーズンを開始

2 years ago

ミシュラン、2016年に向けて開発シーズンを開始

motogp.com
ブリヂストンの2015年スペックがバランス良く機能

2 years ago

ブリヂストンの2015年スペックがバランス良く機能

motogp.com

2 years ago

レプソル・ホンダが今年初のオフィシャルテストで総合1‐2番手