初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

SIC・レーシング・チームがチーム発表会

SIC・レーシング・チームがチーム発表会

シェルアドバンス・アジア・タレント・カップなど積極的にヤングライダーたちを支援するマレーシアGPの開催地、セパン・サーキットが軽量級に初参戦するチームを結成。合計6日間のプライベートテストを終えて、KTMのカラーリングを披露した。

セパン・インターナショナル・サーキット・レーシング・チームは3日、第17戦マレーシアGPの開催地、セパン・インターナショナル・サーキットでチーム発表会を実施。マレーシアのエナジードリンク、ドライブ・エム・セブンの支援を受けて、KTMを走らせるズルファミ・カイルディンとヤコブ・コーンフェールが上位進出を目指す。

昨年10月、当チームは軽量級に新規参戦するプロジェクトを発表。昨季エアアジア・ケータハム・モトレーシングを指揮した元250ccクラスライダー、ヨハン・スティグフェルトがチームマネージャーに就任。「数度の表彰台獲得を含めて、安定してトップ10入りを争うチームにしたいです。実力を証明することを誓った2人のグッドなライダーを起用して、ストロングなチームが結成されたと思います。ヤコブとファミは素晴らしい仕事ができます。2人は良好な関係にあり、これがチームにとってアドバンテージになるでしょう」と、期待を語った。

フル参戦6年目を迎える23歳のマレーシア人ライダー、カイルディンは、「マレーシアチームのライダーになることは最高。今年はキャリアのベストシーズンになること間違いなし。目標は開幕から戦闘的になること。チームにとって必要なことだ」と、開幕ダッシュを誓った。

チームメイトと同じ2010年にフル参戦デビューを果たした21歳のチェコ人ライダー、コーンフェールは、「2月16日からマレーシアに滞在。暑い条件の中で実施したテストは最高だった。グッドなセッティングを見つけることができ、他のサーキットと比べて、万全な準備ができた。目標を話題にするのは早すぎるかもしれないけど、当然、常に上位進出に挑戦する。上手くやれると思う」と、新天地からの上位進出に自信を見せた。

チームは、17日から3日間、第4戦スペインGPの開催地、ヘレス・サーキットで開催されるオフィシャルテストに参加。29日の開幕戦カタールGPに向けて、最後のテストを実施する。

Tags:
Moto3, 2015, Zulfahmi Khairuddin, Jakub Kornfeil

Other updates you may be interested in ›

motogp.com
オフィシャルテスト3日目:王者マルケスが2度目の総合1番手

2 years ago

オフィシャルテスト3日目:王者マルケスが2度目の総合1番手