初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

アプリリアが最高峰クラスに復帰するプロジェクトを発表

アプリリアが最高峰クラスに復帰するプロジェクトを発表

10年間不在だった最高峰クラスに、予定を1年前倒して復帰を決断したアプリリアが、2015年プロジェクトを発表。開発を担う2人のファクトリーライダー、バウティスタとメランドリがプロトタイプマシンを公開した。

ピアッジオ・グループのアプリリアは5日、2004年10月の最終戦バレンシアGP以来となる最高峰クラス復帰に向けて、ファクトリーチームとして参戦する2015年プロジェクトを発表。昨年9月にグレシーニ・レーシングとの間で2015年から4年間の協力関係を締結し、アプリリア・レーシング・チーム・グレシーニを結成して、アルバロ・バウティスタとマルコ・メランドリを起用。プロトタイプマシン、RS-GPのカラーリングを披露した。

アプリリア・レーシングのマネージャー、ロマーノ・アルベシアーノは、「既に最初のテストを実施しましたが、今日我々の新たな冒険が正式にスタートします。チャンピオンシップへの参戦時期を前倒ししました。この行為は大変なリスクを背負うことになりますが、一刻も早く戦闘的になる可能性をもたらします。来年からの参戦という重圧を回避することができましたが、アプリリアはそのことを望みませんでした。」

「開発に関しては、スーパーバイク世界選手権における勝利経験とMotoGP™クラスにおける正真正銘のポテンシャルを発揮した唯一のCRTマシン、ARTのプロジェクトを加えた強固な基盤からスタートしました。我々にとって、今年は開発とテストの1年となり、正真正銘のプロトタイプママシンを投入する2016年を目指して、犠牲の1年となるでしょう」と、1年後を目指して実践で開発作業に着手することを説明。

昨年9月に2年契約を結び、フル参戦13年目、最高峰クラス6年目を迎える30歳のスペイン人ライダー、バウティスタは、「刺激的な新たな挑戦が気に入っている。開発を前進させるシーズンが控え、やるべき仕事が沢山あることを覚悟しているから、目標は設定しない。1戦1戦懸命に仕事に取り組むだけ。2度目のテストに満足。改善に向けて、全員が懸命に働いてくれ、提案を聞いてくれることは最高。我々の技術陣はトップレベルだ」と、最善の環境の下で、開発作業に専念することを強調。

昨年11月に3年間参戦したスーパーバイク世界選手権からの復帰を決断した32歳のイタリア人ライダー、メランドリは、「野心的な復帰に賭けるアプリリアからの継続参戦は、勇敢な選択だった。モチベーションが高い。困難な状況に立ち向かうことを回避できないけど、レース部門の能力を理解している。要求するバイクを開発できることも事実。キャリアで経験したことがないことだ。進むべき道のりは長いけど、後半戦にはグッドなレベルに到達すると思う」と、新たな挑戦に決意を固めた。

アプリリア・レーシング・チーム・グレシーニは、開幕戦カタールGPに向けて、ロサイル・インターナショナル・サーキットで開催される14日からのオフィシャルテストに参加する。

Tags:
MotoGP, 2015, Marco Melandri, Alvaro Bautista, Aprilia Racing Team Gresini

Other updates you may be interested in ›

motogp.com
スカイ・レーシング・チーム・VR46がチーム発表会

2 years ago

スカイ・レーシング・チーム・VR46がチーム発表会