初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

エストレージャ・ガルシア・0,0・マーク・VDS、中量級連覇に挑戦

エストレージャ・ガルシア・0,0・マーク・VDS、中量級連覇に挑戦

軽量級と中量級のチャンピオンに輝いたエストレージャ・ガルシア・0,0とマーク・VDS・レーシングがコラボを結成。Moto2™クラス王者のラバットとMoto3™クラス王者のマルケスがタイトル連覇に挑戦する。

エストレージャ・ガルシア・0,0・マーク・VDSは5日、スペインの首都マドリードで2015年プロジェクトを発表。最高峰クラスに新規参戦するチームと共に、Moto2™クラス5代目王者のティト・ラバットとMoto3™クラス3代目王者のアレックス・マルケスがカレックスのニューカラーリングを披露した。

フル参戦9年目、中量級5年目を迎える25歳のスペイン人ライダー、ラバットは、「このチームに所属することは、ライダーとして成長を続ける絶好な機会。タイトル獲得は難しいけど、連覇はそれ以上に難しい。今年はレベルがアップしたから、スポーツ面とテクニカル面の進化が義務となる。懸命に働く必要があるけど、モチベーションは高い。テストはとても良かった。今までになく体調も良い。ステップ・バイ・ステップで行く必要があるけど、いつものように同じ意欲で取り組む。」

「ストロングなライダーが誰なのか分かり難い。テストから結論を出すことはできないけど、レベルが上がって、沢山のライダーたちが全力で挑戦することは間違いない。チームメイトはMoto3™クラスのチャンピオン。上位進出を争う強力なライバルだ。僕は上手く行っている時も困難な状況に見舞われる時も、最善の結果を挙げるために自分の仕事に集中する必要がある」と、気を引き締めて、タイトル連覇に挑戦することを強調。

フル参戦3年目を迎える18歳のスペイン人ライダー、マルケスは、「このチームの一員になることで、モチベーションが高い。エストレージャ・ガルシア・0,0からの連続参戦で、新しいシーズンを迎えるけど、クラスを昇格して、技術陣が替わった。誰も簡単だとは言わない。Moto2™クラスのスタートは常に難しいから懸命に働く必要があるけど、常に結果はついて来るから、落ち着かないと。」

「目標は2016年に向けての準備と学習だけど、何も投げ出す必要はない。後半戦から表彰台争いができると考える。もしかしたら、優勝争いも。チームメイトはティト。これはモチベーションとなり、僕を助けてくれ、落ち着きをもたらしてくれる。彼のデータにアクセスができることは保証だ。結果獲得という重圧は彼の方にかかるから、僕は重圧から解放され、毎戦がラストレースのようにリスクを冒すことが許され、100%楽しむことができるだろう」と、中量級1年目の抱負を語った。

エストレージャ・ガルシア・0,0・マーク・VDSは、17日からヘレス・サーキットで開催されるオフィシャルテストに参加。開幕戦カタールGP向けて準備を進める。

Tags:
Moto2, 2015, Alex Marquez, Tito Rabat, EG 0,0 Marc VDS

Other updates you may be interested in ›

motogp.com
スカイ・レーシング・チーム・VR46がチーム発表会

2 years ago

スカイ・レーシング・チーム・VR46がチーム発表会

motogp.com
オフィシャルテスト3日目:王者マルケスが2度目の総合1番手

2 years ago

オフィシャルテスト3日目:王者マルケスが2度目の総合1番手