初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

シェルアドバンス・アジア・タレント・カップがセパンでテスト実施

シェルアドバンス・アジア・タレント・カップがセパンでテスト実施

アジアとオセアニア地域におけるヤングライダーの発掘と育成を目的に開催される『シェルアドバンス・アジア・タレント・カップ』が、開催2年目に向けて、2度のマレーシア大会が実施されるセパンでテストを実施した。

シェルアドバンス・アジア・タレント・カップは4日、第3戦と最終戦を予定するマレーシア大会の開催地、セパン・インターナショナル・サーキットで3日間のオフィシャルテストを終了。開幕戦タイ大会に向けて準備を進めた。

3 日間平均して、気温38度、路面温度58度。マレーシア特有のコンディションの中、大会ディレクターのアルベルト・プーチ、サポート役に就任した青山博一 の指導の下、新規参戦の13名はホンダのMoto3™マシン、NSF250Rを初走行。眞崎一輝(14歳)が好走を見せれば、9名の継続参戦組みからは、 ランク11位のソムキアット・チャントラ(タイ/16歳)が初年度のポールポジションタイムを約1秒更新。ランク3位の國峰啄磨(15歳)、ランク4位の 佐々木歩夢(14歳)、ランク5位のシャフィク・ラソル(マレーシア/18歳)、ランク8位のナカリン・アティラプバパト(タイ/19歳)らもそれぞれ ラップタイムを更新した。

厳しい条件の下で合計15回の転倒数を記録したが、幸い大きな負傷はなく、無事に3日間のテストを終了。「大変活 動的な3日間で、計画していたプログラムを全て消化することができました。新規参戦組みは、バイクを理解することができ、コースイン毎に走行が良くなりま した。タイで開催される開幕戦に向けて準備が出来ました。オープニングレースは、2つのグループに分かれ、継続参戦組みが上位に進出しなければいけません が、シーズン中盤には、多くのライダーたちが上位争いを展開することになり、大変興味深いレースになるでしょう」と、満足感を得たプーチは2年目を予想し た。

開幕戦タイ大会は、スーパーバイク世界選手権の併催として、チェーン・インターナショナル・サーキットで開催。今月21日に第1レース、22日に第2レースが行われる。

Tags:
Sac-OS, 2015

Other updates you may be interested in ›

motogp.com
スカイ・レーシング・チーム・VR46がチーム発表会

2 years ago

スカイ・レーシング・チーム・VR46がチーム発表会