初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

レプソル・ホンダは慎重な始動で3‐5番手

レプソル・ホンダは慎重な始動で3‐5番手

シーズンの開幕となる2週間後のオープニングレースに向けて、ホンダの両雄、マルケスとペドロサが3年連続の3冠奪取を目標に今年3度目、プレシーズン最後のテストをスタートさせた。

ホンダのファクトリーチーム、レプソル・ホンダは14日、開幕戦カタールGPの開催地、ロサイル・インターナショナル・サーキットで始まったオフィシャルテストに参加。トラックコンディションを考慮して、慎重なスタートを切ったマルク・マルケスとダニ・ペドロサは、3番手と5番手に進出した。

第17戦マレーシアGPの開催地、セパン・インターナショナル・サーキットで実施された2度のオフィシャルテストで連続1番手に進出したマルケスは、16時00分にトラックオープンから2時間30分後の18時30時から走行を開始。11度のコースインで44ラップを周回すると、1分56秒台を13回、1分55秒台を4回記録して、0.289秒差の3番手。

「今日の展開に満足。カタールでは常に初日の走行に気を付ける必要がある。トラックは通常以上に滑り易いけど、今日の路面は最初からすごく良かった。速く走ることができたけど、明日はもっと良くなるはずだ。幾つかの結論を出し始めるために、クラッチやブレーキといった細かい仕事を始めた。残る2日間はセッティングに集中することができる」と、初日を振り返った。

前回総合7番手のペドロサは、19時00分にテストスタート。9度のコースインで44ラップを周回すると、1分56秒台を4回、1分55秒台を1回記録して、0.548秒差の5番手。

「このサーキットでは、初日は常に非常に難しい。周回を重ねて、路面をきれいにしながら、ゴムを残して行くから、路面の状態は良くなって行くことは確かだ。明日はもっとテストができるか路面状態を確認しよう」と、慎重は走り出しになったことを説明した。

Tags:
MotoGP, 2015, QATAR MOTOGP™ OFFICIAL TEST, Marc Marquez, Dani Pedrosa, Repsol Honda Team

Other updates you may be interested in ›

motogp.com
オフィシャルテストがスタート

2 years ago

オフィシャルテストがスタート