初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

オフィシャルテスト3日目:コーンフィールが最速時計/ナバーロが総合1番手

オフィシャルテスト3日目:コーンフィールが最速時計/ナバーロが総合1番手

10日後に控えたオープニングレースに向けて、プレシーズン最後のセッションがウェットコンディションの中で行われ、コーンフィールが1番時計を記録。2日目最高位のナバーロが総合1番手に進出した。

Moto3™クラスのオフィシャルテスト3日目、最終日は19日、第4戦スペインGPの開催地、ヘレス・サーキットで行われ、総合20番手のヤコブ・コーンフィールがトップタイムをマーク。2日目に1番時計を記録したホルヘ・ナバーロが総合1番手に進出した。

3日間連続の雨に見舞われたウェットコンディションの中、11時20分から12時30分までのセッションは、参加者全34名中19名が走行。コーンフィールが唯一2分00秒台を突破して、1分59秒870の1番時計を刻めば、14時00分から15時10分までのセッションでは12名が参加。コーンフィールが2分01秒617を刻み、連続して1番手に進出。

16時40分から18時00分までのセッションは、2名が走行。総合10番手のブラッド・ビンターが2分00秒963の1番時計を刻んだ。

3日間の総合順位は、2日目2度目のセッションが適応され、レギュラーライダーとしてデビューするナバーロが初めて総合1番手に進出。ダニー・ケント、ファビオ・クアルタラロ、ニクラス・アントネッリ、ホルヘ・マルティン、エネア・バスティアニーニ、イサック・ビニャーレス、リビオ・ロイ、ロマーノ・フェナティ、ブラッド・ビンダーがトップ10入りした。

オフィシャルテスト3日目: 1分59秒870 (J.コーンフィール)
オフィシャルテスト2日目: 1分48秒189 (J.ナバーロ)
オフィシャルテスト1日目: 1分49秒055 (N.アントネッリ)

2014年オフィシャルテストベストラップ: 1分45秒580 (F.クアルタラロ)
サーキットレコードラップ: 1分46秒948 (2013年‐L.サロン)
サーキットベストラップ: 1分46秒173 (2014年‐J.ミラー)

Tags:
Moto3, 2015, JEREZ MOTO2™ - MOTO3™ OFFICIAL TEST, Jorge Navarro, Estrella Galicia 0,0

Other updates you may be interested in ›

motogp.com
ホンダ&ヤマハがドゥカティを評価

2 years ago

ホンダ&ヤマハがドゥカティを評価