初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

アプリリア、テストシーズンをスタート

アプリリア、テストシーズンをスタート

2004年最終戦以来となる復帰戦、初のナイトレースに挑戦するアプリリアのファクトリーチーム。バウティスタとメランドリが、実践での開発プログラムを続行する。

アプリリアのファクトリーチーム、アプリリア・レーシング・チーム・グレシーニは、11月末のプライベートテストを含めて、合計5度目のテストを経て、2004年10月の最終戦バレンシアGP以来となる復帰戦に挑戦。復帰予定だった2016年から戦闘的なプロトタイプマシンを投入するために、2015年をテストシーズンと位置付け、初のナイトレースに挑戦する。

最高峰クラス6年目、通算13年目を迎えるアルバロ・バウティスタは、今年参加した3度のオフィシャルテストで総合21番手、19番手、24番手。昨年2番グリッドから転倒リタイヤを喫したが、優勝、表彰台争いを繰り広げたロサイル・インターナショナル・サーキットに乗り込む。

「ウインターテストを終えて、レースに戻る。毎年ニューシーズンをスタートさせることは非常にエキサイティングだけど、今年はアプリリアと一緒に僕たちの挑戦を始めるから例年以上だ。第1戦はテストの継続。第一目標はバイクの開発。トラックでのリザルトは重要ではなく、現時点でそれに集中する意味がない。サドルの感触を良くするために仕事を継続する。沢山の仕事が控えているけど、恐れていない。チーム全員が進歩に向けてモチベーションを高め、結束している」と、意気込む。

4年間のスーパーバイク世界選手権を経て、2010年以来の参戦となるマルコ・メランドリは、総合28番手、27番手、26番手。5年ぶりの復帰に向けて、「今週末は新たな挑戦のスタート。数年ぶりの復帰となるけど、この数年間決して公園で散歩をしていた訳ではない。単純にグランプリの最初のレースでないことを自覚しているけど、速く走るために正しいフィーリングを見つけて、シーズンを通じて進化することは確かだ。」

「不運にも慣れていたバイクと比較して、新しいテクニカルパッケージに適応する時間が必要。ウインターテストでは体調不良の問題があった。インフルエンザが原因で数日前まで抗生物質を投与し、まだ完治していないけど、いつもように僕をサポートしてくれるチームと一緒に100%を尽くすつもりだ」と、全力で復帰戦に挑戦することを主張した。

Tags:
MotoGP, 2015, COMMERCIAL BANK GRAND PRIX OF QATAR, Alvaro Bautista, Marco Melandri, Aprilia Racing Team Gresini

Other updates you may be interested in ›

motogp.com
クラッシクレース: 2007年開幕戦カタールGP

2 years ago

クラッシクレース: 2007年開幕戦カタールGP