初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ブリヂストン、ラストシーズンも足元から支援

ブリヂストン、ラストシーズンも足元から支援

2009年からオフィシャルタイヤサプライヤーとして最高峰クラスにワンメイクタイヤを供給するブリヂストンは、最後のシーズンもライダーたちを足元から支えて行く。

MotoGP™クラスのオフィシャルタイヤサプライヤー、ブリヂストンは、26日にロサイル・インターナショナル・サーキットでスタートする開幕戦カタールGPに向けて、リアタイヤにファクトリーオプションのハード側に昨年の左右非対称から左右対称に変更する。

2004年に初開催してから今年で12年目、8年目のナイトレースとなる当地は、1周5,380メートル、右10コーナー、左6コーナーのレイアウト。過去のデータ、気象状況を参考に、昨年はリアに関して、ファクトリーのハード側に左ミディアム/右ハードに左右非対称を投入したが、今年はミディアムの左右対称をハード側、ソフト側は左ソフト/右ミディアムの左右非対称を準備。オープンオプションのソフト側は、昨年に引き続いて、左エキストラソフト/右ソフトに左右非対称。

カラーマーキングは、左側のコンパウンドが反映され、ファクトリーのハード側がミディアムの黒、ファクトリーのソフト側/オープンのハード側がソフトの白、オープンのソフト側がエキストラソフトの緑となる。

フロントタイヤは、昨年のハード(赤)とソフト(白)から、今年はミディアム(黒)とハード(赤)をメインに、オプションとしてソフト(白)を供給。

ウェットコンディションでは、視界不良により走行が中止となることから、2010年からウェットタイヤが準備されていない。

ブリヂストンは、昨年に引き続いて今年もシェルアドバンス・アジア・タレント・カップを支援。全6戦12レースにワンメイクタイヤを供給する。

Tags:
MotoGP, 2015, COMMERCIAL BANK GRAND PRIX OF QATAR

Other updates you may be interested in ›