初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

フリー走行1:王者マルケスが1番手発進

フリー走行1:王者マルケスが1番手発進

シーズンのオープニングセッションで2014年王者のマルケスが最速時計を記録。ペドロサ、エスパルガロ兄、ロレンソ、クラッチローが続き、ロッシは9番手。25名中23名が2秒以内に接近した。

開幕戦カタールGPのフリー走行1は26日、ロサイル・インターナショナル・サーキットで行われ、マルク・マルケスがトップタイムをマーク。シーズン最初のセッションを制した。

気温23度、路面温度28度のドライコンディションの中、当地で開催された今年3度目のオフィシャルテストで総合2番手だったマルケスは、3度のコースインで15ラップを周回すると、1分56秒台を1回、1分55秒台を6回記録。1分55秒281の1番時計を刻んだ。

総合6番手だったダニ・ペドロサは、3度のコースインで15ラップを周回すると、1分56秒台を2回、1分55秒台を2回記録して、0.076秒差の2番手。総合10番手のアレイシ・ススパルガロは、3度のコースインで13ラップを周回すると、1分56秒台を5回、1分55秒台を1回記録して、0.404秒差の3番手。

総合4番手のホルヘ・ロレンソは、3度のコースインで17ラップを周回すると、1分56秒台を4回、1分55秒台を6回記録して、0.417秒差の4番手。カル・クラッチロー、ダニロ・ペトルッチが続き、総合1番手のアンドレア・ドビツィオーソは、3度のコースインで17ラップを周回すると、1分56秒台を3回、1分55秒台を1回記録して、0.699秒差の7番手。

総合5番手のバレンティーノ・ロッシは、3度のコースインで18ラップを周回すると、1分56秒台を9回回記録して、0.881秒差の9番手。

オープンオプションでは、総合21番手だったステファン・ブラドルが1.296秒差の14番手。23番手までが2秒以内に接近した。

リザルト

Tags:
MotoGP, 2015, COMMERCIAL BANK GRAND PRIX OF QATAR, FP1

Other updates you may be interested in ›

motogp.com
フリー走行2:オリベイラが初日総合1番手

2 years ago

フリー走行2:オリベイラが初日総合1番手

motogp.com
#KneeDown

2 years ago

#KneeDown